編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器
松岡功の「今週の明言」

今週の明言・特別編--2013年はこんな明言が聞きたい! - (page 2)

松岡功

2013-01-04 12:00


IIJ鈴木社長が年頭挨拶で示した見解

 一方、ICTベンダーのトップによる2013年の年頭挨拶からも、ぜひ取り上げておきたい見解があったので以下に記しておく。インターネットイニシアティブ(IIJ)の鈴木幸一社長の発言である。

「国家の枠組みや戦略から日々の暮らしまで、すべての仕組みを変えてしまうのがインターネットであると、20年も訴え続けているのだが、わが国の場合、未だにそこまでの視野で、インターネットという技術革新が語られることは少ない」

「米国では、すでに産業の主役がICTになっているのだが、日本ではICTが将来の産業のエンジンとなり、主役となる技術革新であるという認識がなされていない。その間に、ICT産業のほとんどの領域で、その仕組みは米国発になっているのが現状である」

「インターネットという技術革新は、大航海時代の到来によって、地球が物理的、経済的なグローバリゼーションをもたらし、500年を超す時間軸の上で現在の世界をつくってきたのだが、インターネットは情報通信の革新によって、新たな世界のグローバリゼーションを進展させ、まったく違った世界の歴史をつくり始めているのである」

鈴木幸一氏
IIJの鈴木幸一社長(2011年10月の会見)

 日本でインターネットの宣教師役を果たしてきた鈴木氏ならではの発言で、僭越ながら筆者も全く同感である。例えば、先に紹介したクラウド、モバイル、ソーシャル、インフォメーションといった最新のICTトレンドもインターネットを基盤とした動きであることから、鈴木氏の指摘はそうしたものをすべて包含しているといっていい。

 ちなみに鈴木氏は上記の持論に続けて、「わが国のインターネットの歴史において、過去20年にわたり、技術面でイニシアティブをとり続けてきたIIJは、将来に向けて、グローバルな意味で、イニシアティブをとり続けられる存在となるよう、努力を続ける所存です」としている。

 筆者の見るところ、鈴木氏と同様の認識と強い危機感を持つキーパーソンは少なくないはずだ。2013年はそんな勇者たちに大いに発言してもらい、有言実行に結びつけてもらいたい。

Keep up with ZDNet Japan
ZDNet JapanはFacebookページTwitterRSSNewsletter(メールマガジン)でも情報を配信しています。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]