編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら
三国大洋のスクラップブック

ルンバの産みの親が開発する産業用ロボットと「人間の仕事」の行方 - (page 3)

三国大洋

2013-01-04 14:30


Kevin Kelly
2011年3月のWeb 2.0 Expoに登場したKevin Kelly

 ケリーによると、人間よりもロボットのほうがうまくやってのける職種には、製造や物流に関わる仕事——いわゆるブルーカラーの仕事だけに留まらず、多くのホワイトカラーの仕事も含まれる。

 そういう「自動化で失われる仕事」の代表例のひとつとして挙がっているのが「ニュース書き」の商売だ。実際にナラティブ・サイエンスというシカゴのソフトウェアベンチャーでは、スポーツの試合の記録(データ)を材料にゲームの模様を伝える記事が自動的に生成されるような仕組みをすでに開発しているという。

 WIRED新年号の表紙には、最近活躍が目立つ人気コメディアアン、ジミー・ファロンのとぼけた顔写真とともに「ロボットが乗っ取ろうとしている!」という大きな文字が踊っている。

 これは私もうかうかしてはいられない。

追記

 Baxterについては、11月にMIT Technology Reviewでも採り上げられていた。ロドニー・ブルックスが数年前までMITの教授を務めていた関係もあるかもしれない。

(敬称略)

Keep up with ZDNet Japan
ZDNet JapanはFacebookページTwitterRSSNewsletter(メールマガジン)でも情報を配信しています。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]