編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ネットワン、高密度IAサーバで新製品--VMware製品の仮想環境に対応

田中好伸 (編集部)

2013-01-08 15:45

 ネットワンシステムズは1月8日、IAサーバの新製品「SeaMicro SM15000」シリーズの販売を開始した。開発する米SeaMicroが2012年に米AMDに買収されてから初の製品になる。

 SM15000は高さ10U(約44.5cm)のシャーシの中にCPUやメモリ(最大4Tバイト)、ストレージのほかにスイッチ、負荷分散、管理といった機能が搭載されている。搭載されるプロセッサのコアは256か512。平均消費電力はすべてのモデルで3.2kW。同程度の性能のCPUを搭載したラックマウント型サーバと比べて、消費電力を2分の1に、設置スペースを3分の1に削減するとともに、ネットワーク帯域は12倍と説明している。

SM15000シリーズのラインアップ
製品モデルプロセッサ/メモリ(1ソケットあたり)合計コア最小構成価格(万円~)
SM15000-OPAMD Opteron EE-4365(8コア、64個、Piledriver)/ECC DRAM 8~64GB5122840
SM15000-XNIntel Xeon E3-1265Lv2(4コア、64個、Ivy Bridge)/ECC DRAM 8~32GB2563660
SM15000-XEIntel Xeon E3-1260L(4コア、64個、Sandy Bridge)/ECC DRAM 8~32GB2563170
SM15000-64Intel Atom N570(2コア、256個)/None ECC DRAM 4GB5123060

 今回新たにVMware製品の仮想環境と専用の外部ストレージ「SeaMicro Freedom Fabric Storage」(ネットワンから提供)に対応している。Freedom Fabric Storageは最大5Pバイトの容量で、DAS形式で接続できる。SM15000の1台だけで“Cloud in A Box”や“Virtual Appliance in A Box”として利用できるとメリットを説明している。

 SM15000は、従来の「SeaMicro SM10000」シリーズと同様に独自開発の特定用途向けIC(ASIC)「Freedom Fabric ASIC」のI/O仮想化機能を活用。このI/O仮想化機能でマザーボード上のCPUやメモリ、ASIC以外の部品を90%削減でき、マザーボードをコンパクトにして、消費電力やコストを削減できるという。

 Freedom Fabric ASICに実装される「TIO(Turn It Off)」機能を活用することで、使用していないプロセッサとチップセットの機能を止めることができる。マザーボード同士は、1.2Tbpsで相互接続されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]