米ZDNetの2013年テクノロジ業界予想--3D印刷、ビッグデータからモバイルまで - 2/13

Zack Whittaker (CNET News) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2013-01-09 07:30

「Google Glass」やその他の技術で、「拡張現実」(AR)が現実のものに

 比較的新しい技術である、現実世界での「拡張現実」は、携帯電話のカメラをかざして、そこにあるものを「照らし出し」、情報を表示することによって実現している。携帯電話の画面は、より広い世界を映し出す窓であり、ウェブから引き出された「隠された」情報を見ながら周囲を探索することを可能にする。

 2012年、Google Glassの発表によって、Googleは間に入るデバイスを省略し、拡張現実を一歩身近なものにした。この眼鏡にはヘッドアップディスプレイが付いており、装着した人はメッセージをチェックしたり、動画を撮影したり、自分の周囲の環境について追加の情報を見たりすることができる。

 Google Glassのリリースは2014年以降だと考えられているが、より幅広い業界の企業が、今後自分たちの製品を提供しようと熱心に取り組んでいくだろう。これはまた、競合他社の参入を促し、これまで存在していなかった問題に対して各社が独自のソリューションを提供するきっかけになるはずだ。今はまだ一時的な流行かもしれないが、拡張現実やGoogle Glass的な機能は、(生体工学的義肢を除けば)技術の「人体化」へ向けての最初の一歩なのかもしれない。2013年のこの分野は要注目だ。

「Google Glass」やその他の技術で、「拡張現実」(AR)が現実のものに

 比較的新しい技術である、現実世界での「拡張現実」は、携帯電話のカメラをかざして、そこにあるものを「照らし出し」、情報を表示することによって実現している。携帯電話の画面は、より広い世界を映し出す窓であり、ウェブから引き出された「隠された」情報を見ながら周囲を探索することを可能にする。

 2012年、Google Glassの発表によって、Googleは間に入るデバイスを省略し、拡張現実を一歩身近なものにした。この眼鏡にはヘッドアップディスプレイが付いており、装着した人はメッセージをチェックしたり、動画を撮影したり、自分の周囲の環境について追加の情報を見たりすることができる。

 Google Glassのリリースは2014年以降だと考えられているが、より幅広い業界の企業が、今後自分たちの製品を提供しようと熱心に取り組んでいくだろう。これはまた、競合他社の参入を促し、これまで存在していなかった問題に対して各社が独自のソリューションを提供するきっかけになるはずだ。今はまだ一時的な流行かもしれないが、拡張現実やGoogle Glass的な機能は、(生体工学的義肢を除けば)技術の「人体化」へ向けての最初の一歩なのかもしれない。2013年のこの分野は要注目だ。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]