編集部からのお知らせ
新着:記事選集「エッジコンピューティング」
PDF Report at ZDNet:「文章を書くAI」
2013年の展望

グーグルやインテルの未来にLTEから自動運転車まで--2013年のテクノロジ10の予想 - (page 2)

Mary Branscombe (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2013-01-10 07:45

4.LTE対光ファイバの戦争が、ブロードバンドの地域革命を起こす

 DSLの提供地域でブロードバンドLTEを選択する顧客は、多くを得るためにより多くのお金を払うことになる。だが、光ファイバの提供地域でLTEを選択する人は、無線ブロードバンドに多くを払うが、得るものは少ない。LTE対光ファイバの競争は、今後10年間の通信業界のビジネスモデルの戦いを定義するものになるだろう。LTEの通信速度は、多くのユーザーにとってケーブルテレビやDSLの有線の通信速度よりも高速になることが見込まれている現在、メガバイトあたりの価格の問題は、今とは逆になる。これは携帯電話か、モバイルブロードバンドシステムかという問題なのだろうか。これは、ブロードバンドの価格と供給における、本当の革命の始まりだ。

 コメント モバイルブロードバンドは、今後も帯域においては有線ブロードバンドの後塵を拝し続けるはずだ。米国ではLTEで素晴らしい体験が得られるが、もしDSLよりも高速だったとすれば、おそらくDSLの何かがおかしい。

5.Googleが魔法を取り戻す

 Facebookは疲れるしうるさく、AppleにはSteveがおらず、MicrosoftはMicrosoftであり、Amazonは違うゲームだ。Googleの電子メール、動画、スマートフォン、地図、自動運転車の分野での努力は、長期的な拡大の道を新たに開いており、今後も新しいものが出てくるはずだ。多くの失敗を通じて、Googleは同社が新たな土地を見つけ耕す能力を持っていることを証明している。創造性の観点から言えば、Googleは次のAppleになるだろう。同社が次にすべきなのは、製品サポートについて学ぶことだ。さもなければ、競合他社に敗れるリスクを負うことになる。

 コメント Microsoftを過小評価すべきではないし、Googleは「Google Apps」などの有料サービスに踏み込んでいるにも関わらず、同社が正しい形で製品サポートを提供するとは思えない。Googleの影響力は巨大だが、まだ検索を超える事業は作れていない。

6.自動運転車が、重要で競争の激しいグローバルなプロジェクトになる

 新たに複数の州や国が自動運転車を許す法律を通過させており、大手メーカーは将来一般的に受け入れられるであろうあらゆる機能の開発に真剣に取り組んでいる。(注: この予想は、米国時間12月3日のVolvoの発表前に書かれたものだ)。

 コメント 誰もが自動運転車を待ち望んでいるが、自動運転車に関わる訴訟は望んでいない。技術よりも規制が問題になるかもしれない。

7.電子書籍が主流になる

 2013年には、米ドルでの電子書籍の総売上が成人向けペーパーバックの売り上げを上回り、成長率の差は30%を超え、電子書籍は引き続き市場の支配に向けた階段を上り続けるだろう。

 コメント 電子書籍の障害になっているのは、もはやDRMと価格の強要(と飛行機の離陸と着陸の際に電子書籍リーダーの電源を切らなければならないこと)だけだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]