編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

SBT、Hadoopディストロ「Cloudera Enterprise」販売

田中好伸 (編集部)

2013-01-16 14:24

 ソフトバンク・テクノロジー(SBT)は1月16日、オープンソースソフトウェア(OSS)の分散並列処理フレームワーク「Apache Hadoop」をベースにしたソフトウェア「Cloudera Enterprise」の販売を開始した。米Clouderaと業務提携している。

 Cloudera Enterpriseは、企業向けのHadoopディストリビューション「Cloudera's Distrbution Including Apache Hadoop(CDH)」を中心に、管理ツールの「Cloudera Manager」やサポートサービスの「Cloudera Support」で構成、サブスクリプション形態で提供される。今回新たにリアルタイムクエリエンジン「Cloudera Enterprise Real Time Queries powered by Impala」を搭載して、非構造化や構造化のどちらのデータからも価値を引き出すことができるという。

 SBTはサーバ「Supermicro」とCloudera Enterpriseを組み合わせた製品も提供する。Clouderaの認定を取得している。同製品の税別価格は1200万円から。価格には、Cloudera Enterpriseのサブスクリプション料金は含まれていない。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]