編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ
経営戦略から見たビッグデータの核心

企業経営から見たビッグデータの3つのV - (page 3)

辻 大志(バーチャレクス・コンサルティング)

2013-01-18 09:00

Velocity:企業活動に反映されるまでの全体としての迅速化

 Velocityは、データがリアルタイムに生成・蓄積され、迅速に処理されることを指す。ビッグデータという概念を説明する上でのVelocityは、リアルタイム性や迅速性が備わってこそビッグデータと言えることになる。だが、企業経営を考えるならば、Velocityこそ3つのVの中で最も重要な要素であることを強調したい。

 企業経営にとってスピードが重要であることは言うまでもない。大容量でかつ多様なデータから貴重な示唆が導かれ、意義のある戦略が描かれ、それが企業活動に反映されるとしても、一連のプロセスに時間がかかっていては企業が目指すべき結果には結び付かない。ビッグデータを企業経営にとって意味のある取り組みとして追求するならば、システムのみならず、業務やサービスを含む企業活動全体としてのVelocityを高めることを考えて進めなければならない、ということである。

 ビッグデータの取り組み事例として、企業システムのバッチシステム見直しやデータ統合などが挙げられているのを目にする。これは、まさにVelocity向上のための取り組みであり、おそらく多くの企業で必ず解決しなければならない事項であるが、全体の中の一部の話でしかない。

 データ管理の高度化とシステム処理の高速化がなされ、事業施策が速やかに策定されるようになったとしても、それを業務やサービスに速やかに反映できない限り、ビッグデータの取り組みは企業経営に寄与していないことになる。こうした点についても、次回以降の記事で触れ、具体的な方策を示していくこととする。

4つ目のVと、今後向き合うべき問い

 以上、3つのVについての概要とその見方を示したが、さらにもう1つのVとして、「Value(価値)」を挙げておきたい。ビッグデータに関わる取り組みは、ビジネス上の価値につながらなくてはならない。

 ビッグデータの活用場面は多岐に渡っており、今後さらに広がるだろう。しかし、すべての企業が同じようにビッグデータ活用による恩恵を受けられるわけではない。ビッグデータに係る取り組みをValueの高い取り組みとし、企業が求めるべきValueを着実に得ていくためには、単なるツールの導入や新たなサービス利用だけでなく、戦略的施策に基づいて、業務やサービスを一体的に再構成する必要がある。

 それをより具体的に議論するために、われわれは以下の問いに向き合わなければならないと考える。

  • 今後、企業が有するデータの価値をどのように捉え、どのように扱うべきか?
  • ビッグデータを活かすために、どのような業務モデル/サービスモデルを築くべきか?
  • ビッグデータから得られた示唆を、どのようにして迅速に業務やサービスへ反映させるのか?
  • ビッグデータ活用による売上/収益向上のシナリオはどのようなものか?

 次回以降、これらの問いを軸に、ビッグデータに関わる取り組みの核心部分に近づいていきたい。

図
※クリックすると拡大画像が見られます

Keep up with ZDNet Japan
ZDNet JapanはFacebookページTwitterRSSNewsletter(メールマガジン)でも情報を配信しています。

画像
辻 大志(つじ たいし)
バーチャレクス・コンサルティング株式会社 経営戦略室室長
2012年6月より現職。事業展開・拡大に向けた施策やビジネスモデル構想、CRMやデジタルマーケティング等の領域を得意とする。以前はアクセンチュアで事業構想策定、CRM戦略策定、ビジネスプロセス改善、システム導入、アウトソーシング活用等といったプロジェクトに従事。その他、アジアでの新規事業構想策定、事業立ち上げ支援及び事業提携に係る調整等を推進した。バーチャレクス・コンサルティングの製品情報はこちら

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]