三国大洋のスクラップブック

サムスンが直面する「フロントランナーの難しさ」

三国大洋 2013年01月29日 17時59分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 過去最高の四半期決算を1月24日に発表したサムスン。しかし、その株価が踊り場に差し掛かっているようだ。

  • 過去3カ月間の株価推移(出典:Yahoo! Ficance)

  • 過去2年間の株価推移(出典:Yahoo! Ficance)

 昨年には携帯電話機市場全体でもスマートフォン市場でも出荷台数で世界第1位につけた。また、注目を集めた第4四半期——iPhone 5投入後のアップルとの争いも、同社の好調ぶりを示す結果となった。

  • 2012年の携帯電話出荷台数(出典:IDC)

  • 2012年のスマートフォン出荷台数(出典:IDC)

  • 2012年第3四半期のスマートフォン出荷台数(出典:IDC)

Trefisのグラフ
Trefisのグラフ

 同期の決算内容はというと、携帯端末を含む通信関連部門の売上が31兆ウォン(前年同期比50%以上増で294億ドル、1円12ウォン換算で2兆6700億円)、営業利益は5兆4400億ウォン。さらに「Galaxy S III」「Galaxy Note II」などの好調に牽引されるかたちで半導体事業とディスプレイ事業も改善、加えてテレビ関連をふくむ家電事業も盛り返し、全社の売上は56兆ウォン(前年同期比19%増)、営業利益は8兆8400億ウォン(同89%増)、純利益7兆400ウォン(同76%増)などとなっている。

 スマートフォン市場を取り上げたWall Street Journal(WSJ)の記事には「いまでもアップルのほうが売上も多く、利益は2倍以上近い」などとある。ただし、米国の様子を伝えたWSJの記事、あるいは香港やシンガポールで取材したReutersの記事などから、少なくとも「スマートフォン市場でのモメンタム」という点ではサムスンにだいぶ分があるような感じも伝わってくる。


 勢いを感じさせるサムスンの株価が、なぜ決算発表後に2日続けて下落したのか。

 Bloombergはその理由をふたつ挙げた。ひとつはウォン安によるもの、そしてもうひとつはスマートフォン市場の成熟と、そのなかでの中国勢からの脅威だ。

 Bloombergの記事を読むと、日本の安倍政権が引き金を引いた為替戦争(円下落、ウォン上昇)の影響で、サムスンでは今四半期(1〜3月期)の営業利益が3兆ウォン(28億ドル)減少する可能性があると出ている。いっぽう、スマートフォン市場については、今期の予想出荷台数が5970万台の見通し。ハイエンドでのアップルとの争いに加えて、ファーウェイ、ZTE、レノボやチャイナ・ワイヤレス(Coolpadブランド)などの中国勢の追い上げをどうかわせるかが課題だという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化