編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

米国企業の24%がクラウドにバックアップ--半数以上がプライベートに

田中好伸 (編集部)

2013-02-01 17:06

 私物端末の業務利用(BYOD)で持ち込まれた端末と企業データの利用管理やバックアップが今後の重要な課題に――。米Acronisは米国企業のIT管理者を対象にクラウドバックアップに関する調査を2012年12月に実施している。

 米国企業の23.7%がデータのバックアップ先としてクラウドを活用している。バックアップにクラウドを活用している企業では、バックアップ先としてプライベートクラウドが56.9%、ハイブリッドクラウドが32.3%、パブリッククラウドが9.2%となっている。多くの企業でセキュリティへの懸念から企業内やインターナルといったプライベートクラウド内でバックアップしていると分析している。

 一方、仮想サーバで54.2%、物理サーバで51.1%、SAN/NASで39.7%がオンプレミスでバックアップしている。このことからAcronisは、災害時への対応がまだ進んでいないと表現している。

 企業がクラウドにバックアップするメリットとして、データの複製保護(45.0%)、コスト削減(17.8%)、どこでもアクセスできる環境(16.3%)を挙げている。企業はバックアップするデータやアプリケーションの格納先となるデータセンターに求める必須要件として、台風や火事などの自然災害の影響を受けない場所(63.4%)、指紋認証や24時間態勢の警備などセキュリティ(61.8%)、バックアップの障害がない(59.5%)などを挙げている。

 クラウドバックアップの今後の課題としては、BYODで持ち込まれた端末と企業データの利用管理とバックアップ(22.5%)、テープなどのレガシー手法からの脱却(21.7%)、物理や仮想、クラウドの統合的管理(20.9%)を挙げている。

 BYODについてAcronisは、従業員が所有する端末に保存されたデータやアプリケーションの管理は、IT管理者にとってますます困難になると説明。ビッグデータが加速する中で企業が、BYODを含めて、さまざまな環境に保存されたデータを情報資産として安全に管理、保護していくことが今後さらに重要になってくると予想している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]