編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
松岡功の「今週の明言」

マカフィー社長が語るインテルとの関係

松岡功

2013-02-08 12:00

 本連載「松岡功の『今週の明言』」では毎週、ICT業界のキーパーソンたちが記者会見やイベントなどで明言した言葉をいくつか取り上げ、その意味や背景などを解説している。

 今週は、マカフィーのジャン・クロード・ブロイド代表取締役社長と、富士通の川妻庸男 執行役員常務の発言を紹介する。

「セキュリティへの市場ニーズの高まりと、インテルの子会社になったことが好業績につながった」
(マカフィー ジャン・クロード・ブロイド 代表取締役社長)

マカフィーのジャン・クロード・ブロイド代表取締役社長
マカフィーのジャン・クロード・ブロイド代表取締役社長

 マカフィーが1月23日、都内ホテルでメディア関係者を対象とした懇親会を開いた。ブロイド氏の冒頭の発言は、その懇親会の挨拶の中で、日本法人としての業績に言及したものである。

 ブロイド氏によると、日本法人の業績として、2012年は売り上げを前年に比べておよそ12%伸ばし、2ケタ成長を記録。IDC Japanによると、2012年の国内情報セキュリティソフト市場の伸びが前年比3.9%増だったことから、「市場の伸びを大きく上回る成長を果たすことができた」と胸を張った。

 ちなみに、ブロイド氏が日本法人の社長に就任したのは2011年10月1日。したがって2012年は同氏にとって初の通年決算となるだけに、胸を張りたくなるのは当然だろう。

 実は、外資系日本法人の場合、親会社との関係から日本法人の業績については非公開のケースが多いが、ブロイド氏は売り上げの伸び率を明言することで、自社の好調ぶりを伝えたかったのだろう。経営トップとしての自信と覚悟を感じた発言だった。

 さらにブロイド氏は冒頭の発言にあるように、好業績の要因にも言及した。中でも興味深かったのは、インテルの子会社になったことを要因の1つに挙げた点だ。同氏によると、「2つの面で非常に強力なイメージアップにつながった」という。そして2つの面をこう説明した。

 「1つは、常にテクノロジーの最先端を行く企業であることをこれまで以上に強く印象づけられるようになった。そしてもう1つは、財務基盤がしっかりした企業としてのイメージが定着した。こうしたイメージアップとともに高品質な製品・サービスを提供していくことで、2012年はしっかりとした手応えを感じることができた。今後もこの勢いを加速していきたい」

 筆者の記憶では、ブロイド氏がメディア関係者の前で話すのは、昨年7月に同社が開いたインテルとの共同開発製品の発表会見以来のことだ。その会見での同氏の発言も当時の本コラムに記したので、関連記事を参照いただくとして、当時の会見ではインテルのことについて共同開発製品に関連する話以外は触れなかった。その意味では、今回は懇親会ということもあるのか、企業イメージに関わるわかりやすい話を披露したのが印象的だった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]