編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マイクロソフトにタブレット戦争での勝ち目はあるか

Patrick Gray (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2013-02-13 07:30

 Microsoftの「Surface RT」をしばらく使ってみて、私は答えよりも多くの疑問を見いだした。Microsoftのタブレット戦略について考えれば考えるほど、最近の同社の取り組みは深謀遠慮があってのことなのか、それとも狂っているのかと迷った。今後数カ月間に登場するものによっては、前者だということが分かるかもしれない。

ホームグラウンドを離れて

 Surfaceに関して一番当惑させられたのは、Surfaceのハードウェアが非常に優れていたことだ。これは、私も含め多くの専門家が、Microsoftに期待していなかった分野だった。Surfaceはスマートで、作りもよくできており、単に市場リーダーを真似ようとするのではなく、ユニークで注目に値する機能が盛り込まれていた。もしソフトウェアがハードウェアに匹敵するものであれば、私は喜んでノートPCを家に置き去りにして、Surfaceをかばんに入れて持ち歩き、出張や個人的な旅行では大いに利用したことだろう。

 特に問題なのはOSだった。タブレットという分野は、事実上Microsoftが10年前に発明したものだが、それを育てることができず、ものの数カ月でAppleに市場を席巻させてしまったことを考えるとなおさらだ。これはもう終わった話であり、「Windows RT」も依然として問題のあるOSのように見える。しかし、ソフトウェアの面ではいくつか興味深いことが起こっている。

万人が使うOffice

 Microsoftはアプリケーションソフトウェア企業として始まり、運と粘り強さでデスクトップ市場の支配を確立した。Microsoftがもともとさまざまなプラットフォーム向けにアプリケーションを作っており、1世代もの間デスクトップコンピューティングを支配するようなソフトウェアを作ろうとしていたわけではないことは、忘れられがちだ。Microsoftは「Office」スイートをいくつかのプラットフォームでリリースしているが、興味深いことに「iOS」や「Android」向けのモバイル版Officeはまだない。iOS版のOfficeについては、すでに多くのうわさと不満が出ており、そのうわさにはそれなりの信頼性がある。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]