三国大洋のスクラップブック

フレネミーな三角関係:グーグル、サムスン、アップル

三国大洋 2013年02月27日 13時24分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グーグルとサムスンはアップルを相手に「夫唱婦随」で戦っていると思われていた。

 しかし、その夫婦仲がなにやら怪しいことになっている——。

 2月25日のWall Street Journal(WSJ)にそんな話が掲載されていて非常に興味深い。また、広告業界の動きを追うAdAgeには、グーグルとサムスンの緊張関係の高まりを示す一例として、昨年末にグーグルが引き抜いたサムスン幹部の話も載っている

アンディ・ルービンが示した「サムスン潜在脅威論」

アンディ・ルービンはサムスンの潜在的な脅威を認識しているようだ
アンディ・ルービンはサムスンの潜在的な脅威を認識しているようだ

 「グーグル社内では、サムスン(の潜在的脅威)についての懸念が公然と議論されている」——そんな一文も含まれるのがWSJの記事だ。

 この記事で発見できる新しい事実としては「Android事業の責任者で、ラリー・ペイジ政権の『七奉行』(L Team)の一人とされるアンディ・ルービンが、昨年秋にあった社内会議の席上、スマートフォン分野でのサムスンの成功を褒め称えると同時に、「Android陣営でサムスンがあまりに大きな存在になりすぎると、今度はかえって厄介なことになりかねない」とする「サムスン潜在脅威論」的な見方を披露。さらに昨年春に買収を完了したモトローラについて「万が一そうなったときのための保険」もしくは「ヘッジ」と語ったという。

 これらのコメントの情報元は、例によって「事情を直接知る人物の話」だが、それでも両社の関係の現状や、グーグルに将来降りかかってきそうな難題、あるいはそれぞれが関係のバランス維持もしくは上手(うわて)を取るために使えそうな策について、きっちり書き込まれていてかなり面白い。

 ここでまず、両社とその関係を示す数字を拾ってみたい。出典は基本的にWSJの記事で、AdAgeの記事に依拠した場合はそれを明示する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算