編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」
三国大洋のスクラップブック

マイケル・サンデル教授もついに--勢いを増すMOOCの流れ - (page 3)

三国大洋

2013-03-12 14:10


 フリードマンはこのコラムの締めの部分で、クレイトン・クリステンセンがMIT・ハーバード主催のカンファレンスで講演し、「現在の大学が1960年代のGM——トヨタをはじめとする日本製の自動車が米国市場に押し寄せる前のGMといかによく似ているか」という話をしたと書いている。

 『イノベーションのジレンマ』など数多くの著作もあるハーバード・ビジネススクール教授のクリステンセンが、「広告収入に頼るメディア業界に続いて、MOOCのようなものが登場した高等教育の世界でもまもなくdisruption(破壊)が起こる」と考えている。

 そのことについては、2月にWIREDに掲載されたクリステンセンのインタビューと、別に公開されたエッセイのなかで詳しく論じられている(註6、7)。

 「『破壊的イノベーション』の理論がどう高等教育の世界に適用できるか」を説明したこのエッセイは、なかなか興味深い。

 しかし、ざっくりとした説明だけでも一仕事になりそうなので、こちらはまた別の機会に。ここでは「あのクリステンセンもMOOCに大注目」という点を覚えておいていただけたらと思う次第である。

(文中一部敬称略、次ページに註をまとめています)

Keep up with ZDNet Japan
ZDNet JapanはFacebookページTwitterRSSNewsletter(メールマガジン)でも情報を配信しています。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]