編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

バラクーダ、ユーザー企業に無料バックアップサービス--最大1TBまで

田中好伸 (編集部)

2013-03-15 16:30

 バラクーダネットワークスジャパンは3月15日、無料のデータバックアップサービス「バラクーダ・フリークラウドサービス」を発表した。日本国内の専用データセンターが稼働する4月1日から提供する。

 同社のバックアップアプライアンス「Barracuda Backup」の6モデル(容量1T~82Tバイト)のいずれかを導入したユーザー企業が対象。最大1Tバイトまで無料で使える。年間保守サービス契約が条件となっている。サービス期間と無料期間は導入から最大5年まで。すでに、保存容量が1Tバイト以上のBarracuda Backupユーザー企業にも提供される。

 東日本大震災以降、事業継続計画(BCP)の一環としてクラウド型バックアップを検討、導入する企業が増えている。クラウドストレージサービスは、利用時間や通信量に応じて従量課金されるケースが多い。また、無料プランを提供している場合でも約30Gバイト程度までに制限されることが一般的だ。メールの受け渡しやファイル共有のために使われる無料サービスもある。

 だが、クラウドだけのストレージサービスはリスクが大きいという不安も持たれている。企業としての事業継続性を重視すると、アプライアンスへのデータ保存は必須と同社は主張。保存先となるストレージの物理的拠点が海外に存在するサービス事業者が多く、コンプライアンスやセキュリティなどに懸念があり、各国で法令化が進んでいるといわれている。

 同サービスは、バックアップを二重化することで、データの保全性や事業継続性の確保を支援。バックアップされたデータの運用管理は同社が担う。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]