「今のアプリケーションは古い。近代化が必要」:米オラクルのハード社長

田中好伸 (編集部) 2013年03月25日 20時01分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 OracleのプレジデントであるMark Hurd氏が来日、3月25日に会見を開いた。会見の中でHurd氏は、現在企業の中で使われているビジネスアプリケーションは「古い、近代化する必要がある」との見解を明らかにした。

 Hurd氏はOracleが現在進めている戦略は4つの柱からなっていると説明。同社の戦略は(1)Best of Breed(2)統合(3)クラウド(4)インダストリーの4つになる。

 1つめのBest of Breedは、CPUやOS、サーバなどのハードウェア、ウェブアプリケーションやデータベースなどのミドルウェア、そしてビジネスアプリケーションなどすべてのコンポーネントで「最高でありたい」(Hurd氏)とし、それぞれの分野でNo.1を取りに行きたいという狙いを隠さない。

 2つめとなる統合では、CPUやOSからビジネスアプリケーションのすべてのレイヤを統合したシステム製品を提供することを指している。同社独自の製品開発コンセプト「Engineered System」を具現化したデータベース専用機の「Exadata」やウェブアプリケーション専用機の「Exalogic」、データ分析の専用機「Exalytics」、SPARC/Solarisがベースの「SPARC SuperCluster」といったEngineered Systemsになる。


Mark Hurd氏

 Hurd氏はEngineered Systemsについて「統合作業やシステムの稼働テストなどをOracleが出荷前にすべて行っている」と説明。Engineered Systemsには「サポートしやすい」(Hurd氏)というメリットも強調。Engineered Systemsは、Best of Breedによるコンポーネントを最高にすることで、ほかのベンダー製品との異機種混在でも対応できるとし、同社の戦略に優位性があると表現している。

 Oracleの戦略の3つめはクラウドだ。Oracleが現在提供する「Oracle Cloud」は、Engineered Systemsが基盤。ユーザー企業のオンプレミスやプライベートクラウドでEngineered Systemsが稼働していれば、「処理能力が足りなくなったら、Oracle Cloudからリソースを借りることができる」(Hurd氏)と、そのメリットを強調している。

 戦略の4つめとなるインダストリーは、業種業態ごとに特化した製品を提供するというもの。Oracleはたとえばデータベースなどのミドルウェア、サーバなどハードウェアやソフトウェアの機能の優位性を前面に出すことが多い。その反面、業種や業態ごとに必要とされるものを提供することはあまり多くない。そこで、同社の戦略として、業種業態ごとに向けた製品を打ち出すことを狙っている。

 Hurd氏はOracleでは「研究開発に年間50億ドルを投資している。今後はM&Aもしながら、SaaSを拡大させていくことになるだろう」と今後を見通した。現在の企業で稼働するシステムについてHurd氏は以下のような見方を示している。

 「現在の情報システムを劇的に変化させているのはコンシューマライゼーションだ。今の子どもたちが使いこなしているスマートフォンは、私がIT業界に入った頃のメインフレームと同じような処理能力だ。現在のスマートフォンのユーザーは、システムのアクセスに対するレスポンスは厳しい要求となっている」

 スマートフォンに慣れているユーザーは「アクセスしたら即座に反応しなければいけない。現在世界で80億~90億のモバイル端末が使われているが、今後5年間で500億台に増えると予測されている」(Hurd氏)。現在、企業で活用されているビジネスアプリケーションはこうした状況を想定していないことからHurd氏は「アプリケーションが古い」と表現している。

 そうした認識からOracleでは、複雑なシステムを簡素化、シンプル化することを勧めている。現行のシステムを統合してより簡素化するべきという。そのシステムの簡素化と同時に、現在の環境に対応できるようにアプリケーションの近代化にも投資するべきと主張している。

 OracleはSaaS「RightNow Cloud Service」を提供するデータセンター日本国内に開設、同日から提供を開始した。Hurd氏によると、データセンターは世界でほぼ同じものであるという。日本国内のデータセンターからはRightNow以外のサービスも提供することが可能と説明している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]