編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

個人向けクラウドストレージサービス10種、最高のサービスは? - (page 4)

Steven J. Vaughan-Nichols (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2013-03-28 07:30

 もう1つの便利な機能は、Google Driveでは、文書、音楽ファイル、画像、動画を含むどんな種類のファイルでも、共有して共同作業に利用できるというものだ。Google Docsで作成したコンテンツは、ストレージの上限の計算にはカウントされない。

 ストレージに関して言えば、Google Driveには5Gバイトの無料ストレージが付いてくる。25Gバイトの追加はたったの月2ドル49セントであり、100Gバイトでは月4ドル99セントだ。また、本当に必要なら、Googleは799ドル99セントで16テラバイト(なんとテラバイトだ!)ものストレージを貸してくれる。Googleはまた、ビジネス向けのストレージサービスも提供している。

 私はLinuxデスクトップユーザーであるため、私の目的に合わせて選んだ場合、Google Driveはベストストレージサービスに「近いがもう少しが足らない」存在だ。しかし、読者の目的にはぴったり合うかもしれない。

MediaFire

 50Gバイトの無料ストレージが欲しくない人などいないはずだ。「MediaFire」ではそれだけのストレージを無料で提供しているが、これに飛びつく前に検討すべき点がいくつかある。

 第1に、MediaFireの無料版には広告が入っており、アップロードできるファイルのサイズは200Mバイトまでに制限されている。大抵の用途ではこの制限は問題にならないが、システムのバックアップアーカイブや動画ファイルなどで使用する場合のことも忘れてはならない。また、フォルダから1ファイルずつしかダウンロードできず、ディレクトリごと1度にダウンロードすることもできない。

 これらの制限は、有料版にはない。有料版の料金は、1年ごとの契約で月1ドル50セントからになっている。一番安い料金の場合、ストレージ容量は追加されず、MediaFireの制限が外されるだけだ。他のプランには月4ドル50セントの「Pro」と、月24ドル50セントの「Business」があり、それぞれ250Gバイトと1テラバイトのストレージが追加される。

 プラスの面として、MediaFireはデスクトップではLinux、Mac OS X、Windowsをサポートしており、モバイルOSではAndroidとiOSをサポートしている。残念ながら、同社の「MediaFire Express」プログラムでも、ファイルシステムとの統合機能は提供されていない。

 それでも、無料で利用できるストレージとしては、50Gバイトが大きいことは確かだ。MediaFireは私のお気に入りとは言えないが、一部の人がこれを好んでいる理由はよく分かる。

Mega

 「Mega」に関するよいニュースは、このサービスも無料で50Gバイトのストレージが利用できること、そして最初にレビューしたときよりもサービスが改善されているということだ。例えば、ファイルのアップロード時間はカレンダーではなく時計で計れるようになったし、ファイルへのアクセスを失うことなしに、パスワードをリセットできるようになった。

 悪いニュースは、それでもまだかなり遅いということだ。どのくらい遅いかと言えば、100Mbpsのインターネット接続とテキストファイルを使った場合で、アップロードとダウンロードの速度は10Kbps前後だった。また、ファイルシステムとの統合機能もない。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]