ヘッジファンドの大物連中がメンツをかけた大勝負の真っ最中 - (page 5)

三国大洋

2013-03-26 16:21

 Icahn氏とAckman氏の間には比較的少額の利益分配をめぐる過去の衝突もあり、それがこの一件をめぐる大げんかにつながったようだ。Vanity Fairの特集には、2012年3月に開かれたあるカンファレンスで、Ackman氏がIcahn氏の名前を挙げて「アイツには敬意を抱いていない」と言ったのに対し、Icahn氏の方はさっそく「Bill Ackmanからの批判なら、どんなものでもお世辞だと思っている」などと反撃したとも書かれている。

 このHerbalife株式をめぐる大勝負は今なお継続中で、最終的に誰が一番大笑いすることになるかはまだわからない。Ackman氏の過去の勝利の中には、足かけ7年もかけて勝ち取ったものもあるという。

 かつてBill Gates氏やLarry Ellison氏、故Steve Jobsらが現役で、彼らの発言がニュース記事の見出しを飾っていたころには、これに似たような類のトラッシュトークもよく報じられていた——そんな記憶もあるが、良くも悪しくも、これほどエゴむき出しの人間臭いものではなかったな。最近の比較的若い経営者はすっかり優等生で、トラッシュトークなどすっかり見聞きしなくなった。

 同時に、市場環境や競合相手との力関係もあっという間に変わる中で、こういう歴戦の強者のような投資家=株主の相手もしなくてはならない企業経営者の仕事というのは、さぞや骨の折れる仕事であろう、などと思った次第である。

(トップ画像の出典:copyright-free-pictures.org.uk

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]