デルの今後を占う--復活の秘策はあるのか? - (page 2)

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2013-03-29 07:45

 では、Dellはどこに向かって進もうとしているのだろうか?

  • PC業界でより積極的な姿勢を取り、競合他社よりも賢く立ち回ったり、彼らを出し抜こうとする、あるいは少なくとも価格面で勝とうとする。
  • 企業向けサービスに今まで以上に注力する。今回の買収の背景にはこういった意図があると示唆する人もいるものの、Dell自らがこの道を切り開いていけるかどうかは不明である。
  • もう1つの可能性はモバイル分野である。Dellは既にこの市場に足を踏み入れ、うまくいかなかったためにすぐに撤退したという過去がある。
  • 上記戦略のいずれか、またはすべてを組み合わせる。

 こういった選択肢はいずれも簡単なものではない。2000年代初期のPC市場は、現在のポストPC時代から見れば、さまざまな点においてずっと簡単かつ明確なものとなっていた。さらにDellにとっての問題を少なからず複雑にしているのは、同社がPC業界のトップに君臨しておらず、ポストPC時代のビジネスにおけるけん引力を発揮できていない点である。

 Dellがどの道に向かって進んでいこうとも、同社の今後の展開から目を離すことはできないだろう。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]