企業の買収攻勢に出た米ヤフー--その狙いとは

Andrew Nusca (ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子 2013年04月05日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ご存知ない読者のために書いておくが、Marissa Mayer氏率いる米Yahooは最近、企業買収攻勢に出ており、多くの小規模新興企業を買収して情報の的確性を向上させようとしている。少なくともそれが目的のようだ。

 一番最近の買収は、モバイル向けニュースリーダーを開発するSummlyという新興企業だ。この企業の舵を握るのは、Yahooが存在しなかった時代を知らない若者だ。びっくりする話だ。


 (この他、同社が買収した企業として、モバイルユーザーが気に入ったものを管理できるようにするアプリを手がけるStampedや、ニュースのクリッピングサービスを提供するSnip.it、おすすめのレストランを教えてくれるアプリを手がけるAlike、書籍や映画、レストランを推薦するアプリを手がけるJybe、ビデオチャットプラットフォームを提供するOnTheAirが挙げられる。)

 では、大局的観点から見た同社の戦略はどのようなものなのだろうか?Sarah Kessler記者はFast Companyの記事で、この疑問に正面から取り組んでいる。同氏の結論は、モバイルはもちろんのことだが、実際のところ、すべての動きは「インタレストグラフ」の構築に関わっているというものだ。インタレストグラフを簡単に定義すると、さまざまな顧客が興味を抱いているあらゆる人物や場所、事物をマップにしたものとなる。

 (これは、人間関係という観点から、実際に人同士が築き上げているつながりをマップにした「ソーシャルグラフ」と対比することができる。ソーシャルグラフは、Facebookにおける友達の関係であると思えばよいだろう。)

 同氏は以下のように述べている。

 ユーザーの興味に基づいた結果を出すために、Yahooはユーザーのことを知る必要がある。(モバイル部門の責任者であるAdam) Cahan氏は「ユーザーが企業やその製品に時間を費やす時、彼らは実のところ、自らのもとに戻ってくる製品の声を生み出したり、変えたりしているのだ。彼らは自らの好むものごとを明確化しているわけだ(後略)」と解説している。

 これは循環構造となっている。深く関与するとパーソナライゼーションが進む。そして、パーソナライゼーションが進むと深く関与するようになるというわけだ。しかし、こういった循環をうまく機能させるには、Yahooが興味というものを定義しながら、ユーザーの好みにしっくり合うコンテンツを提供するよう注力しなければならない。これこそが一連の買収に潜んでいる共通の主題というわけである。

 これは興味深い考え方だ。

 Kessler氏が自らの記事で言及しなかった秘密の言葉がある。それは広告だ。Yahooは公のコメントで、顧客のパーソナライゼーションについて述べてきた。実のところこれは、検索に始まる同社のこれまでの戦略(大きな成功を収めているとはいえない)における柱だったのだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]