編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

LinkedInやFacebookの活用でターゲット層の心をつかむ - (page 2)

Nicole Bremer Nash (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2013-04-12 07:30

Facebookを活用する

 クライアントや潜在顧客とのより個人的なつながりを作るには、Facebookを活用するべきだ。LinkedInではプロフェッショナルなイメージと態度を堅持する必要がある一方、Facebookでは少しリラックスし、遊び心を持って接することができる。よく学び、よく遊べという言葉を思い出してほしい。真面目一徹ではFacebookのストリームもつまらないものになってしまう。マーケティング部門があるなら、そこから会社の公式な人格についてのヒントをもらおう。あなたにマーケティングの経験がないにもかかわらず、会社のソーシャルメディアにまつわる権限一切を任されているのであれば、マーケティング部門というものが存在しないのかもしれない。もしそうならば上司に頼んで、会社の持つ人格やイメージ、態度を一緒に定義してもらおう。あなた自身が上司なのであれば、自ら思うように決断できるはずだ。会社の持つイメージや態度をどのようなものに決めるにせよ、ブランディングにぴったり合い、息長く続けられるようなものを選んでほしい。あなたにユーモアの才がないのであれば、無理にそちら方面に走らないようにしてほしい。コンテンツの作成に苦労するうえ、すぐに馬脚をあらわしてしまうはずだ。

 手を動かし始める前にコンテンツに関する計画を立案してほしい。まず、鍵となるメッセージを決めるのである。あなたの会社がソフトウェアソリューションを提供しているのであれば、鍵となるメッセージとして、企業にとってカスタムソフトウェアが適している理由や、あなたの企業の文化を伝えられるもの(今日のマーケットにおいては企業に人間味を持たせるのが必要不可欠だ)、あなたの会社がクライアントのニーズから見て最適である根拠を含めておくのがよいだろう。ただし、こういったメッセージを人々の頭にすり込もうとしてはいけない。あなたのメッセージを気持ち良く、そしてフレンドリーかつ受け入れてもらいやすいかたちで広めるためにソーシャルメディアを使ってほしい。潜在顧客の方から、あなたの会社が最適だと思ってもらえるようにしよう。

 鍵となるメッセージを用意できたら、そのメッセージをどのようにして潜在顧客に送り届けるのかを決めることになる。ここで検索エンジン最適化(SEO)の出番がやってくる。詰まるところ、あなたがずっとメッセージを発信し続けたとしても、そのメッセージは人に見つけてもらわなければ、伝わらない。SEOの訓練を受けた人間に手伝ってもらえればいいのだが、こういった人材を抱えている会社はそう多くない。SEOは複雑であり、あなたもこのスキルを時間をかけて学んでいくだろうが、今のところは、対象となる聴衆があなたの提供しているものを探す際に、検索エンジンに入力するであろう検索語を考えるところから始めてほしい。このための最善の方法は、競合他社のページにアクセスし、使われているキーワードを見てみることだ。

 例えば、あなたのクライアントは「ソフトウェアソリューション」を検索するだろうか?そうかもしれないが、おそらく検索語はもっと具体的であるはずだ。また、あなたの会社が専門としているのはどういった種類のソフトウェアソリューションなのだろうか?今回の例では、倉庫管理ソフトウェアのソリューションと仮定してみよう。おめでとう!これで鍵となる最初のキーワードが洗い出せたわけだ。このキーワードはソーシャルメディア戦略が進展するにつれて何度も参照するはずなので、どこかに書き留めておいてほしい。

 ではここで、SEO業界のちょっとした秘密を紹介しておこう。今洗い出したこのキーワードを「Google AdWords」のキーワードツールに入力してみてほしい。この便利なツールは、あるキーワードがどれだけ頻繁に検索されているかや、検索時における該当キーワードの競合性を教えてくれるうえ、後で必要となりそうなその他の関連キーワードも提供してくれる。Google AdWordsのこのツールはSEO対策で何度も使用することになるため、ブックマークに登録しておくのがよいだろう。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]