編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

アイキューブド、機能間をセキュアにつなぐビジネスアプリの新版を提供

ZDNet Japan Staff

2013-04-11 16:36

 アイキューブドシステムズは4月11日、ブラウザやメーラーなどの機能を持つモバイルアプリ「CLOMO SECURED APPs」に、アプリ間でセキュリティの高さを維持したままデータをつなぐ機能「Enterprise AppBus」を追加した新版を開発し、同日から提供を開始したと発表した。

 モバイルアプリによる情報漏えいのリスクを低減する。今後は、CLOMO以外のユーザー企業が開発したアプリとも連携できるようにするため、拡張機能の仕様開示とSDKの提供を予定しているとしている。

 CLOMO SECURED APPsシリーズは、スマートデバイスを導入する企業がよく利用する「ブラウザ」「ファイル共有」「メーラー」「共有アドレス帳」「カレンダー」の5種類のモバイルアプリで構成される。メーラーからブラウザなど、アプリ間の連携を安全にできるようにしたのが新版の特徴だ。

 各アプリには、情報漏えいを防ぐためのリモート管理機能やデータ保護の仕組みがある。今回の機能強化は、こうしたデータ保護の機能を維持しながら、CLOMO SECURED APPsシリーズで安全にデータを利用できるよう仕様を策定、実装。セキュリティを高い水準で維持しながら、利用場面の幅を拡げられるようにした。

 導入した場合の利用イメージとして、同社は以下の例を紹介している。

  • 取引先からのメールに添付された資料を、一般アプリへのコピーを禁止しながら共有ファイルアプリに保存して閲覧する
  • カレンダーに入力されたURL情報をSafariへのコピーを禁止しつつ、専用ブラウザに連携して閲覧する
  • 不正なサイト閲覧を防ぐため、Safariでの閲覧を禁止しながら、共有されたPDFなどに含まれるURLを不正なサイトを検出するブラウザで閲覧する

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]