編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

米有力インキュベーター500 Startupsが注目するインド市場の可能性 - (page 2)

Srinivas Kulkarni (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2013-04-17 07:30

 私が手がけた新興企業は、多くの理由で失敗し、私は2010年4月にニューヨーク市に戻りました。2011年3月に、ニューヨークに住みながら、デリー首都圏地域とバンガロールでのStartup Weekendの組織化と手助けを始めました。そして、同年6月には再びデリーに移りました。そのとおり、私は2007年以来、基本的にニューヨークとニューデリーを行ったり来たりしています。私はニューヨーク市が好きです。そこは故郷です。友達と家族がいる場所です。私はそこで育ち、親しみを持っています。しかし、インドにいるのも好きです。私はそのエネルギーが大好きなのです。そして、影響を与えることができるというのも好きです。

 私にとって、ニューヨーク市は大企業のようなものです。構造化されており、筋が通っていて、物事がきちんと動きます。しかしインド、特にデリーは、新興企業のようなものです。多くの分からないこと、やりくりするためのジャガード(インド語でつつましい工夫や改良のこと)、苦痛、挑戦、苦難に満ちています。私がどうしてインドでのこの仕事を好むのか、想像してみてください。

3.投資しようとするとき、どのような新興企業を探しますか?

 私は、開発者、デザイナー、ビジネスパーソンのバランスの取れたチームを探します。私は一般に、社内で技術を持っている企業を好み、オンラインプラットフォームを使った、大規模な供給を考えているチームが好きです。欲しいのは教育、旅行、求職、電子商取引、不動産などの現実の問題を解決しようとしているチームであり、インド全体にまたがる現実の問題に挑戦するのは興味深い仕事です。半ば冗談ですが、バンガロールに住む技術者の半分はデリーに引っ越し、デリーの典型的なビジネスパーソンの半分はバンガロールに引っ越すべきです。そうすれば、テクノロジ新興企業のための2つの素晴らしい中心地が生まれるでしょう。

4.あなたのインドでの新興企業に関する経歴は、500 Startupsでどのように役立つのでしょうか?

 私は、起業家、コミュニティ設立者、投資家として、6年間インドで活動しています。私は自分は第一に起業家、次に投資家だと思っています。私は毎日インドでのビジネスについて学んでおり、われわれの周囲にあるチャンスや、インドの将来に対する投資について学んでいます。私は、500 Startupsに独自の視点を提供できると考えています。20年以上にわたる複数の新興企業での経験に加え、起業家としての失敗、アメリカ式の思考や行動様式を持ち込めること、そしてインドの背景を理解できる能力は、インドでの500 Startupsの活動に合っています。私は、自分がすべての答えを持っているわけではないことを知っていますし、それは500 Startupsも同じです。しかし、インドの将来を信じ、特にインドの起業家の将来を信じているからこそ、ここにいるのです。

5.インド新興企業界の動きのペースについては、どう思いますか?

 私はその進化のスピードに興奮しています。あらゆる角度から(インド中の地域コミュニティに)、わずか数年のうちに大きな変化が起こりました。インドでは、国民共同体が生まれつつあり、メンターがその共同体に参加しようとしており、より多くの投資家がより多くの取引をし、また若者たちが挑戦して影響を与えようとしているのだと私は思います。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]