編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

米有力インキュベーター500 Startupsが注目するインド市場の可能性 - (page 3)

Srinivas Kulkarni (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2013-04-17 07:30

 まだまだ先はあります。より多くの経験を積んだ人たちが出てきて社会に還元する必要があり、それも資産や現金のためでなく、次世代のためにそうする必要があります。また、より多くの成功した起業家が投資家になり、起業家のように投資する必要があります。多くの起業家は、自分たちが資金集めをしたときのことを忘れ、ベンチャーキャピタルのように投資してしまっています。

6.500 Startupsの一員として、今年度のあなたの個人的な目標は?

 インドで最高の起業家たちを見つけて資金を提供し、データやデザイン、流通について支援できる、200人以上の事業に詳しい有能な専門家にアクセスできるようにすること、そして、より起業家に優しい契約条件を作ることです。

7.インドで、今後数年間に勢いを増す業界は、どれだと思いますか?

 すべてです。私は水晶玉は持っていませんが、インドではあらゆる分野が成長しており、今後10年間で、劇的な変化と成長を遂げるでしょう。

 電子商取引はスランプから抜け出し、大きく成長します。インド中で、決済が大きな問題になっています。誰かがRBI(インド準備銀行)と協力して、安全で摩擦のない電子決済の仕組みを作る必要があります。インドの電子決済の問題を解決する人は、PayPalよりも巨大な企業を作ることになるでしょう。

 インド人は共働きであるため、多くの可処分所得を持っており、旅行や観光は今後も伸びるはずです。

 教育については言うまでもありません。インドの教育システムは、時代遅れであり、機能していません。創造性は、子どもの教育において真っ先に潰されます。ここには大きなチャンスがあり、何人かの素晴らしい起業家たちがこれらの問題に挑戦し始めています。

8.Dave McClure氏とのパートナーシップはどのようなものですか?

 McClure氏と彼のチームは素晴らしい。私がLTCMにいた1996年に初めて会ったとき、私は変化の機が熟した業界の中の、最も優秀かつ破壊的な人たちと働いているのだと感じました。私はLTCMでやりとりし、次にGlobeOpでやりとりし、今ではベンチャーの世界で最高のチームの一員となって、また同じことをしています。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]