編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

米有力インキュベーター500 Startupsが注目するインド市場の可能性 - (page 5)

Srinivas Kulkarni (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2013-04-17 07:30

 Sampad Swain氏(Instamojo)Avlesh Singh氏(WebEngage)Paras Chopra氏(Visual Website Optimizer):私がインドで会ったなかで最も賢い人たちで、インドでグローバルビジネスを構築するために挑戦している。

 Deepak Ravindran氏(Innoz):聡明なだけでなく、現実の問題を解こうとしており、その過程で収益を上げている。さらに重要なこととして、複数の取り組みを通じて新しい世代の起業家を支援している。

 Kunal Bahl氏(SnapDeal):彼はとにかく聡明。彼と話していると、彼の頭の中が回転しているのが分かる。

 Sachin Bansal氏(Flipkart):インドで主導的な電子商取引ビジネスを作ろうとしているだけでなく、サプライチェーンとロジスティクスの最高レベルの人材を何人か抱えており、これらの業界を新しいレベルに引き上げようとしている。

11.それだけ多くの新興企業に投資しながら、どのようにメンター役をこなしているのですか?

 200人以上の有能で事業に詳しい専門家からなる、われわれのメンターネットワークが、実際のメンター役をしています。メンターたちは本業を持っており、あらゆる分野で自分の専門性を磨いていますが、特にデータ、デザイン、流通分野に強みを持っています。

 どんな投資家も、あらゆる分野でエキスパートになることはできません。メンターは投資家になることもできますが、私は本当は、投資家は本当に事業の経験がある1つか2つの分野を除いては、メンター役になるべきではないと思っています。金融市場のデータや、リアルタイム価格設定、トレード管理またはトレード注文管理、セキュリティについては、私も長い間ビジネスを立ち上げ、経営していましたから、支援することができます。

12.インドでの投資についてどのように見ていますか?500 Startupsはほかのベンチャーキャピタルファンドとはどう違うのですか?

 われわれは、個人のエンジェルやエンジェルネットワーク、ほかのファンドと共同で出資しています。また、たまたまシリコンバレーの中心に本部を持っています。さらに、われわれのメンターネットワークには、200人以上の専門家がいます。世界中に1000人以上の起業家がいますし、新興企業に対してインドだけではなくグローバルに素晴らしい支援を提供することが可能で、これは他には真似できないものです。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]