中国と朝鮮半島を揺るがす核と伝染病--IT業界はどうなる? - (page 2)

Jason Perlow (ZDNET.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2013-04-19 07:30

 中国のすぐ隣には朝鮮半島がある。隠者王国とも呼ばれる北朝鮮にはいかなる技術的価値も存在していない。しかし韓国にはサムスンがある。同社は単独で、隣国である北朝鮮のGDPの10倍もの売上高を上げているテクノロジ系複合企業だ。

 サムスンは「GALAXY」ブランドのスマートフォンやタブレットをはじめとする自社ブランド製品を製造する企業だが、世界最大のSoC製造企業でもある。

 サムスンは独自のSoC製品である「Exynos」に加えて、QualcommやTexas Instruments(TI)からの委託を受け、数多くのスマートフォンやタブレットに搭載されるチップも製造している。また現時点では、AppleのiOS製品に搭載されているAシリーズの主要製造企業ともなっている。さらに、他にもさまざまなチップを製造している。

 またサムスンは、DRAMやフラッシュメモリの製造においても世界最大の生産規模を誇るとともに、あらゆるサイズの液晶ディスプレイ製造における最大手企業となっている。そして、リチウムイオンバッテリの大手製造企業でもある。

 ここまではサムスンについてしか述べていない。韓国にはこの他にもLGやSKグループといった巨大テクノロジ企業があり、半導体のサプライチェーン全体に対する重要な役割を果たしている。

 中国または韓国、あるいは最悪のシナリオとして両国の製造ペースに乱れが生じた場合、さらには台湾やシンガポール、日本、ベトナム、マレーシア、インドネシアといった国々にまでその影響が拡大した場合、われわれの知っているテクノロジ業界は大きな音を立てて崩れ落ちることになるだろう。

 何がこのような事態を引き起こすのだろうか?

 筆者は、経済学者でも政治学者でも社会学者でもなく、未来予測に時々手を出すテクノロジストだ。このため、今から10年後、あるいは20年後にどのようなテクノロジが主流となっているのか、あるいは社会全体や経済全体がどのような影響を受けるのかといったことについて、機会あるごとに熟考している。

 これらは筆者にとって、楽しい頭の体操のようなものであり、書き物のネタとしてももってこいなのだ。

 筆者はたいていの場合、近未来の物事については考えない。またある種の地政学的な、あるいは社会経済学的な条件に基づくシナリオとそれが業界に与える意味についても考察から除外するようにしている。というのもわれわれの世界では、突発的に起こる、思いもかけない出来事が多すぎるのだ。しかし、アジアで最近発生している出来事を見るにつけて、筆者は考えさせられ、またその考えによって不安をかき立てられる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]