編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」
エリック松永のメディア・デモクラシー講座

ビッグデータ時代のセクシーな仕事--データサイエンティストに求められるもの - (page 4)

松永 エリック・匡史(プライスウォーターハウスクーパース)

2013-04-20 11:13

データサイエンティストは「スーパーマン」?

 デロイトアナリスティックシニアアドバイザーのトーマスH.ダベンポートによると、データサイエンティストは、そもそも、ビジネス特化型SNSであるリンクトインとフェイスブックでデータ分析の責任者を務めていた人が2008年に考案した造語だそうです。

 またダベンポートは自身の論文の中で、「データサイエンティストとは、ビックデータの世界で何かを見出そうとする、好奇心旺盛で、訓練も積んだ上級専門職」のことであると定義しています。もっと、同じ論文中で「21世紀で最もセクシーな職業(the sexiest job of the 21st century)」という言い回しをし、その言葉が一躍世界中に広まったので、「データサイエンティスト=セクシー」というイメージを持たれている方もいらっしゃるかもしれません。

 セクシーであるかはさておき、戦略やマーケティングに長け、プログラミングにも長け、ビックデータをうまく扱って解析し、膨大なデータの塊からひらめきと思いがけない発見を成し遂げ、ビジネスを飛躍的に発展させる、いうなれば「スーパーマン」のような存在と思われているのは確かです。

 しかし、そのようなスーパーマンは果たして本当に存在するのでしょうか? もちろん世界は広いので、スーパーマンのようなデータサイエンティストとなることのできる超優秀人材は“どこか”にはいるかもしれません。ただ、果たして、日本に、私たちの身近に、職場に、存在するものなのでしょうか?

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]