電子商取引を盛り上げるプラットフォームを提供--ハイブリスが新製品

大川淳 2013年04月23日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ハイブリスジャパンは、電子商取引プラットフォーム製品「hybris Commerce Suite」の最新版を4月22日に発売した。B2B、B2C企業向けに、ウェブサイト上で購買しやすくなる環境を構築することを支援する。

 最新版は、さまざまなチャネルをまたがって購入する消費者向けの機能や、店舗内ツールの管理機能などを搭載している。ハイブリスはドイツに本社を持つhybrisの日本法人で、2012年に設立された。

 hybris Commerce Suiteは、店舗やテレビ、ECサイト、ソーシャルメディア、携帯電話、モバイル機器デバイスなど複数の販売チャネルを通じて、顧客が最適な形式で買い物ができるような仕組みを電子商取引事業者向けに提供する。

hybris Commerce Suiteの画面
hybris Commerce Suiteの画面

 最新版では、その中核となる「hybris Order Management Services」、チャネル間の顧客に快適な環境をもたらすことを図る「hybris InStore Module」、カスタマイズされたビジネスツールを構築するためのフレームワーク「Next Generation Cockpit」などで構成される。

 hybris Order Management Servicesは、チャネルをまたがった顧客移動をサポートする。商品の発注から決済、商品の準備、配送までの業務工程について、複数チャネルを行き来する顧客を支援するため、従来のOrder Management機能を拡張した。

 このサービスでは、これらの工程を最適化できるよう、倉庫、調達、仕分けにわたり、在庫を一元的に把握、管理することが可能であるとともに、出荷を指示された商品を在庫から抽出し、梱包、配送する工程を最適化する。

デジタルとリアルな場所、製品データ、在庫を連携

 hybris InStore Moduleは、デジタルとリアルな場所、製品データ、在庫の連携を担う。直感的で、タブレットにも適したユーザーインターフェースを備え、QRコード読み取りやNFC(近距離無線通信技術)にも対応しており、全店舗での在庫状況を表示する。

 Next Generation Cockpitは、企業ごとの状況に適合したビジネスユーザー向けツールを構築する機能を持つウィジェットベースのフレームワークだ。同社では、カスタマイズされたビジネスツールにより、企業は1つの場所から複数チャネル間を移動する顧客の行動や環境を管理することができ、ビジネスプロセスの最適化が可能になるとしている。

 また、モバイルコマース用アプリケーションを迅速に開発、展開できるよう、iOSやAndroid向けの、Mobile App SDKを用意している。Mobile App SDKには、あらかじめ設計されたモバイル店舗用テンプレートがある。これにはQRコード読み取り、NFCタグ認識、顧客管理、モバイル検索、チェックアウト機能が含まれているほか、各種モバイル機器に最適化されたブラウジング機能なども備えている。

ドイツのhybrisで製品戦略担当バイスプレジデントを務めるStefan Schmidt氏
ドイツのhybrisで製品戦略担当バイスプレジデントを務めるStefan Schmidt氏

 ドイツのhybrisで製品戦略担当バイスプレジデントを務めるStefan Schmidt氏は「パソコン、スマートデバイス、さらにはゲーム機に至るまで顧客は多様なインターネット端末を持っており、電子商取引をめぐる彼らの購買行動は複雑化し、企業側は世界規模で新たな対応を迫られている。従来、電子商取引のシステムではさまざまな販売チャネル相互間で情報が共有されていないことが多かった。また、デジタルと実際の物理的な店舗を統合させようとするときパソコン、モバイル機器との接続、店舗や倉庫との連携などが複雑化し、非効率になっていた。hybris Commerce Suiteは、電子商取引システムの全体像、さまざまな情報の関係性などを一元化して管理できる」と語り、この領域で発生している複雑性の解消を目指す。

ハイブリスジャパン社長の森田正昭氏
ハイブリスジャパン社長の森田正昭氏

 ハイブリスジャパン社長の森田正昭氏は「hybris Commerce Suiteは、日系の多国籍企業、国内に進出している外資系の多国籍企業などを中心に展開していきたい。製造業、流通業、欧米では通信業などに向け、多くの導入実績がある」と話す。

 同社では今後、流通・卸業、小売業、製造業にとどまらず、ソフトウェアやゲーム、映像などデジタルコンテンツの開発や販売を行う企業にも「hybris Commerce Suite」のユーザーとして照準を合わせており、グローバルに事業を展開する企業のブランド強化と売上増を支援していきたい考えだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]