編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

予測を超えてリアルタイムへ--変わるサプライチェーンマネジメントをSAPに聞く - (page 3)

大川淳 怒賀新也 (編集部)

2013-05-01 14:01

--SAPのSCMを推進する戦略とは、どのようなものか?

 企業がSCMを再考するにあたり、SAPも貢献していきたい。まず中心となるのはリアルタイムでのサプライチェーンであり、われわれとしてはインメモリ技術を活かした高速データベースであるSAP HANAの技術を前面に据えていこうと考えている。HANAをベースにした新たなソリューションはサプライチェーンの変革をもたらすことができる。エンドユーザーが使いやすく、現場の当事者の連携をクラウドにより円滑にし、モバイル機器、モバイル向けのアプリケーションに適した環境を整えている。

 モバイル機器は運転者、倉庫の担当者にとってリアルタイムの情報を得るために重要だし、営業要員にとっても、出先で詳細なデータにアクセスできることは営業活動を補強することになる。営業担当者、顧客、運送業、製造部門、小売店のPOS、あるいはソーシャルメディアでの製品の評判など情報はあらゆるソースから入ってくる。それらはすべて密接な相関関係をもっているわけで、そのすべてを取り込むべきだ。

--HANAはどんな効果をもたらすのか?

 サプライチェーンにHANAを組み込んだことで、リアルタイム処理のための要件を満たすことができ、より早く意思決定できる。リアルタイムでの対応ができないと、本来のSCM環境外での行動が求められることとなる。例外が発生しサプライチェーンのコストが上昇してしまう。すぐに商品がほしいという要求に対して即時出荷できる能力を養い、サプライチェーンの状況を迅速にシミュレートしていないとさまざまな影響が出る。

 サプライチェーンにHANAを導入することで新たなビジネスモデルが実現する。要求に応え、商品の所在の迅速な把握、供給者との連携、発注の最適化などができるようになる。SAPのソリューションはあらゆる業種で導入が可能だ。実績をみると、消費財、ITプロセシング、一部の銀行、化学、原油、ガス、掘削業など多岐にわたる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]