編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

SAP、HANAを基盤とする中堅中小企業向けERPを提供

ZDNet Japan Staff

2013-05-09 15:26

 SAPジャパンは5月9日、インメモリ技術を用いたデータベース「SAP HANA」を基盤とした中堅中小企業向けの統合基幹業務システム(ERP)である「SAP Business One, version for SAP HANA」を同日から提供すると発表した。拡張性の高さと大量トランザクションの処理を特徴とする。

 導入企業は、現場から経営層にいたるまで、売り上げをはじめとしたビジネスの状況を高い水準で可視化できるという。特に、レポートにかかる時間を大幅に短縮するため、ユーザーがより効率的に意思決定できるとしている。インメモリ技術で処理を高速化して、これまでは分析におけるキャパシティの問題で難しかったような課題も解決できるとのこと。

 新機能であるエンタープライズサーチでは、データの意味合いなどで区分けすることなく、システム全体を対象に検索でき、その検索結果をさらにドリルダウンできる。またシミュレーションにもとづくキャッシュフロー予測など、高負荷を要求する分析処理も容易になるとしている。

Keep up with ZDNet Japan
ZDNet JapanはFacebookページTwitterRSSNewsletter(メールマガジン)でも情報を配信しています。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]