編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

JR東、「iPad mini」7000台導入--乗務員に配布、輸送障害時の情報を共有

田中好伸 (編集部)

2013-05-13 15:04

 JR東日本は運転士や車掌といった乗務員に「iPad mini」を導入する。台数は7000台。輸送障害時の迅速な対応や案内などのサービス向上が目的。端末を提供するソフトバンクテレコムが5月13日に発表した。

 導入するiPad miniは、Wi-Fi+Cellularモデル。今後は列車の遅延などの乗務員の担当列車が変更になる場合に、乗務員が携行するiPad miniに新しい列車の時刻表を直接配布することで、情報を即座に共有して、ダイヤ回復にかかる時間の短縮を図る。さまざまなアプリを活用して、顧客への案内などのサービス品質の向上も図る。

 ソフトバンクテレコムは、乗務員が常時携行するマニュアル類の電子化をサポートし、コンテンツの更新や管理の作業の軽減を図る。各種コンテンツやアプリを活用した新しいサービスも提供する方針としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]