アナリストの視点

再び動き出したERP投資--経営基盤の再構築を目指す - (page 2)

小林明子(矢野経済研究所 上級研究員)

2013-05-21 07:30

1.市場におけるトレンド

 ERP市場での新しい動向として注目されているキーワードには、モビリティ、ビッグデータ、タレントマネジメントの3つが挙げられる。現時点では、トレンドを作り出そうとするベンダー側のプロモーション色が強く、実需という意味ではまだインパクトは小さいが、広く活用されるようになるのもそう遠い未来ではないだろう。それぞれについて簡単に動向を紹介する。

 まずモビリティだが、ERPのようなエンタープライズ分野でもタブレットやスマートフォンの利用が進んでいる。企業のマネージャーは、経営情報を確認するのにPCの電源を入れてアプリケーションを開くまで5分待つのではなく、タブレットで即座に見られるのであれば、便利だと感じるであろう。

 また、販売や生産の現場では、スマートデバイスを使った受注状況や受注履歴、在庫等の確認、実績データの入力といった用途が考えられる。単なるデバイスの置き換えではなく、業務スタイルの改革につながるようなモビリティの活用が期待される。

 昨今話題のビッグデータもまた、ERPと無縁ではない。従来のBIやDWHからさらに分析対象を拡大し、大手企業のグローバル全体の経営データや、ERPと他の社内システムのデータ、社外のSNSやセンサーデータなどと組み合わせて分析するといった考え方である。大手ベンダーのSAPはインメモリデータベース「HANA」で稼働するERPを、オラクルはDWHアプライアンスの「Exadata」などを提供しており、「ビッグデータ+ERP」を巡る動きは始まったばかりだ。

 3つ目はタレントマネジメントだ。2012年にはメディアにも取り上げられ、注目を浴びた。矢野経済研究所の調査でも、2012年には人事分野の売上は堅調に伸びている。ただし、タレントマネジメントそのものはまだ黎明期で、実際に売れているのは人事、就労といった従来型のシステムだ。これまでも日本企業はコンピテンシー管理など、欧米式人事制度を取り入れようとしてきたが成功したとは言い難く、タレントマネジメントに関しても未知数である。

 しかし、タレントマネジメントへの注目によって、改めて人事分野でのITの活用意欲が喚起されたと言って差し支えないだろう。

2.ERP導入におけるポイントは、変化に強い経営基盤の構築

 十数年前と比較するとERPパッケージの種類は増え、高機能化し、価格は安くなり、導入ベンダーのノウハウは向上した。業種や業務に対応するテンプレートも多数構築されている。自社業務にあったERPの構築、複数の業務分野にまたがるERP導入というと、いまだに重厚長大なイメージがあるかもしれないが、価格、性能の上で十分に検討に値するものとなっている可能性が高い。

 また、自社開発システムを利用している企業においても、スクラッチでは維持や運用が属人化しがちであること、構築/運用コストが高くつくことなどから、次回システムを導入または更新する際にパッケージを選択するモティベーションは高い。特に、販売管理、生産管理は、現在自社開発システムを利用している比率が5割以上あるが、次回の更新および導入時の自社開発システム利用意向は2~3割であり、その差は20~30ポイント程もある。

自社開発システムの利用率と今後の利用意向 自社開発システムの利用率と今後の利用意向
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]