「Google Glass」でできること、実現してほしいこと

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子 2013年05月28日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Google Glass」は平均的なコンシューマーの目に将来性のあるもの、あるいは魅力あるものに映るだろうか?答えはおそらくイエスだ。しかし、Googleは相応の努力を重ねる必要があるだろう。


 Google Glassは現在、世の中の話題をさらっているガジェットであることにおそらく間違いはないものの、この格好の良い眼鏡に秘められた能力を疑問視する批評家(この言葉が気に入らなければ否定論者/毛嫌いする人/現実主義者のうち、好きなものに読み替えてほしい)も数多くいる。

 Google Glassが自らの市場を築き上げるには、人々の毎日の生活における隙間を埋めるとともに、独自の道を見つけ出し、彼らの生活に入り込んでいく必要がある。

 (ある種の「見た目」に関する問題を克服する必要があるのは言うまでもない。この件に関しては、Tumblrの「White Men Wearing Google Glass」(Google Glassを装着した人たち)を参照してほしい。なお、こういった話題盛り上がるのは、Googleが注意深くこの製品を展開していかない限り、第2のポケットプロテクタになるという暗示なのかもしれない)


 米ZDNetの尊敬すべき編集長であるLarry Dignanは、こういった状況を察し(いや、Google Glassを弁護するためかもしれない)、筆者に対してGoogle Glassの使用に関する「一般人向けのガイド」となる概略記事を執筆するよう求めてきた(もっとも、そういった記事が執筆できるのであればだが)。また、その話を聞いた米CNETのStephen Shanklandは筆者に対し、そういった記事の執筆は、車に興味のない人間に向けてランボルギーニの記事を書こうとするようなものだと形容してくれた。

 とは言うものの筆者は、Google Glass向けのアプリが出そろえば、そういったガイドの執筆も可能だと考えている。ただ問題は(少なくとも今のところ)、1500ドルという価格に見合うだけの使い道が用意されていないという点なのだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算