編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

日本HP、LTE通信モジュール搭載Windows 8タブレット

大河原克行

2013-05-27 16:17

 日本ヒューレット・パッカード(HP)は5月27日、Windows 8搭載ビジネスタブレットの新製品「HP ElitePad 900」のLTEデータ通信モジュール搭載モデルを発表した。

 KDDIのau 4G LTEに対応した「HP ElitePad 900 for au」と、NTTドコモのXi(クロッシィ)に対応した「HP ElitePad 900 for DOCOMO」の2機種で、いずれもWindows 8搭載モデルと、Windows 8 Pro搭載モデルを用意する。

 HP Directplus価格は、両機種ともWindows 8搭載モデルが9万1350円、Windows 8 Pro搭載モデルが11万1300円。6月中旬から発売する。


モデルと価格

日本HP 取締役副社長執行役員 プリンティング・パーソナルシステムズ事業統括の岡隆史氏

 ElitePad 900は、Windowsの既存資産の活用、企業が求めるセキュリティ環境の実現、管理と運用面の容易さなどを特徴として、2月の国内発売以来、数十万台規模の商談実績に達しているという。

 日本HP プリンティング・パーソナルシステムズ事業統括 取締役副社長執行役員 岡隆史氏は「2月に発売以来、Windows 8の検証用としての導入のほか、IT部門が中心となったタブレット導入検討、エンドユーザー部門が中心となった導入検討が進んでいる。商談ベースでの導入検討台数を積み上げていくと、市場全体で100万~150万台規模になり、年間600万台の国内出荷が見込まれる国内タブレット市場の2~3割程度がビジネス用途になるという感触を得ている」と説明した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]