編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

市民の声を集め市政に生かす--さいたま市、Dynamics CRMを稼働

ZDNet Japan Staff

2013-05-28 11:58

 さいたま市が、市政への提案、陳情・要望、行政サービスに関する問い合わせなどを集めた「市民の声DBシステム」を構築し、本格運用を開始した。システムを構築した富士通が5月28日に発表した。製品を提供した日本マイクロソフトによると、自治体として初めての「Microsoft Dynamics CRM」の導入事例という。

 市民の声DBシステムは、さいたま市の各種広聴制度、コールセンターなどに寄せられる市政への提案、陳情や要望、行政サービスに関する問い合わせといった市民の声を一元管理し、発言者の年代、性別、居住区、提案内容別などによる分類、集計、統計結果のグラフなどを表示する。

 さいたま市は、より積極的に市民の声を収集するため、ウェブサイトを設け、市民から直接、意見や要望を受け付ける。これにより、効率的かつ正確に市民意識の状況を把握し、迅速に対応することで、市民サービスの質を向上させる狙いがある。

 これまでも、コールセンターを運用し、陳情と提案のほか、「わたしの提案」「タウンミーティング」などの広聴制度を設け、積極的に市民の声を収集していた。だが、その情報は制度ごとに管理されており、市全体として市民の声を定量的に分析し、傾向をつかむのが難しかったとのこと。

 また、市民の声への個別の対応はそれぞれの制度で迅速に行っているが、市全体として把握し、次の施策へ反映するまでには、意見の集約と統計処理などに多くの労力を要していたという。

 今回のシステムで市民の声を集約することで、市民の意識を把握できるようにする。同システムは、さいたま市共通認証システムと連携しており、職員は、庁内PCからこのシステムにアクセスして、寄せられた市民の声を登録する。

 技術面の特徴は、Dynamics CRMの活用によりシステム構築を効率化したことだ。富士通は、システムの拡張性やセキュリティの設定が可能な点を評価してDynamics CRMを採用したとしている。

 今後さいたま市は、同システムを全庁で共有化し、効率的に市民の声を分析し、的確に市民意識を把握していくという。市民の理解が欠かせない事業における対策を講じるなど、広聴活動を施策推進のために活用する考えだ。

システムのイメージ
システムのイメージ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]