編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

アップルの次世代ガジェットを予想する手掛かりに?--特許書類の画像から垣間見る未来 - 11/12

Andy Smith (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2013-05-31 07:30

近接検出

 Appleは2月にiPhoneとiPadのための近接センサの特許を取得している。2005年に最初に出願されたこの近接センサの特許には、さまざまな機能の他に、1カ所以上の接触が軽い接触なのか、しっかりした接触なのかを区別するための機能も含まれている。この特許を見ていれば、2007年に発表されたiPadの出現を予言できていたかもしれない。

近接検出

 Appleは2月にiPhoneとiPadのための近接センサの特許を取得している。2005年に最初に出願されたこの近接センサの特許には、さまざまな機能の他に、1カ所以上の接触が軽い接触なのか、しっかりした接触なのかを区別するための機能も含まれている。この特許を見ていれば、2007年に発表されたiPadの出現を予言できていたかもしれない。

提供:米国特許商標庁

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]