編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

アップルの次世代ガジェットを予想する手掛かりに?--特許書類の画像から垣間見る未来 - 4/12

Andy Smith (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2013-05-31 07:30

携帯電話の落下保護

 手を滑らせたりして、iPhoneをよく落としてしまうということはないだろうか?そういった問題は本特許で解消されるかもしれない。Appleは3月に、iPhoneを落下時の衝撃から守る2つの方法に関する特許を取得した。センサを搭載した保護機構(右図)が落下距離と落下速度を検出し、空中で向きを変えて強度の高い部分から先に地面に落ちるようになるのである。猫の動きを思い出してもらえばよいだろう。

 またこの特許には、パラシュートのように機能する「エアブレーキ」を展開し(絹製ではなくガスを使用する)、落下速度を低下させるという保護機能を搭載するという方法も記載されている。

携帯電話の落下保護

 手を滑らせたりして、iPhoneをよく落としてしまうということはないだろうか?そういった問題は本特許で解消されるかもしれない。Appleは3月に、iPhoneを落下時の衝撃から守る2つの方法に関する特許を取得した。センサを搭載した保護機構(右図)が落下距離と落下速度を検出し、空中で向きを変えて強度の高い部分から先に地面に落ちるようになるのである。猫の動きを思い出してもらえばよいだろう。

 またこの特許には、パラシュートのように機能する「エアブレーキ」を展開し(絹製ではなくガスを使用する)、落下速度を低下させるという保護機能を搭載するという方法も記載されている。

提供:米国特許商標庁

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]