アップルのWWDC 2013開催目前、期待の発表内容を予想 - 7/15

Zack Whittaker (ZDNET.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2013-06-03 07:45

 2012年に行われたAuthenTec買収の影響は、次世代iPhoneおよびiPadへの指紋認証技術の取り込みだけではなく、開発者がエンタープライズユーザー、ビジネスユーザー、BYODユーザーのセキュリティを強化するために使えるフックが、ソフトウェア層に作られる可能性もある。

 Appleのモバイル製品は、以前からエンタープライズユーザーに好んで使われていた。しかし、PC市場が低迷し、Macの売り上げが全体的に上昇していることを受けて、Appleは多くの機能を追加し、ビジネス顧客へのアプローチをさらに強化しようとするかもしれない。

 さらに次期OS Xでは、ユーザーがデバイス間でファイルを転送するのが簡単になり、モバイルとデスクトップの間の隙間がさらに埋まることも予想されている。iOSで実現されているマルチタスク機能が、デスクトップにも持ち込まれる可能性も高い。また、以前やりとりされたApple役員と顧客の書簡によれば、マルチモニタがサポートされる可能性もある。

 通常、OS Xの新バージョンにはさまざまな新機能が導入されるが、全体的な美観、デザイン、機能はあまり変わらない。一部のビジュアル要素は変わるかもしれないが、Appleの次期OS Xは基本的に「以前のまま」だと予想される。

 2012年に行われたAuthenTec買収の影響は、次世代iPhoneおよびiPadへの指紋認証技術の取り込みだけではなく、開発者がエンタープライズユーザー、ビジネスユーザー、BYODユーザーのセキュリティを強化するために使えるフックが、ソフトウェア層に作られる可能性もある。

 Appleのモバイル製品は、以前からエンタープライズユーザーに好んで使われていた。しかし、PC市場が低迷し、Macの売り上げが全体的に上昇していることを受けて、Appleは多くの機能を追加し、ビジネス顧客へのアプローチをさらに強化しようとするかもしれない。

 さらに次期OS Xでは、ユーザーがデバイス間でファイルを転送するのが簡単になり、モバイルとデスクトップの間の隙間がさらに埋まることも予想されている。iOSで実現されているマルチタスク機能が、デスクトップにも持ち込まれる可能性も高い。また、以前やりとりされたApple役員と顧客の書簡によれば、マルチモニタがサポートされる可能性もある。

 通常、OS Xの新バージョンにはさまざまな新機能が導入されるが、全体的な美観、デザイン、機能はあまり変わらない。一部のビジュアル要素は変わるかもしれないが、Appleの次期OS Xは基本的に「以前のまま」だと予想される。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]