編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

セールスフォース、金融向けアドバイザーに日銀出身者--金融ITに30年

田中好伸 (編集部)

2013-06-03 17:02

 セールスフォース・ドットコムは6月3日、金融プロジェクト担当アドバイザーに元日本銀行の富永新(とみなが・あらた)氏が就任したことを発表した。金融機関向けにセールスフォースのPaaS/SaaS導入を支援する。

 富永氏は、1980年に日銀に入行後、銀行間の最終決済を担う日銀ネットの開発をはじめとして、30年間金融IT関連の職務に従事した。直近の約10年間は考査役(企画役)、上席考査役(参事役)としてメガバンクの大規模システム障害、システム統合モニタリングや異業種からの参入、ネットバンク、地銀共同化、信金共同化などを立入調査して、多くの課題を指摘してきたという。

 近年は政府の情報セキュリティ基本計画検討委員を務めたり、アウトソーシングの進展に対応して、ITベンダーへの任意の立入調査も行ったと説明。“金融機関のシステムリスク考査(システム監査)の第一人者”として幅広く活動してきたという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]