約30ドルの超小型コンピュータ「Raspberry Pi」でスパコンを自作しよう - (page 3)

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎 2013年06月05日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 この小さなスーパーコンピュータで使うLinuxには、「Arch Linux」が選ばれた。同氏は次のように説明している。「Arch Linuxではミニマリズムを採用している。OSのイメージは小さく、150Mバイト以下だ。約10秒でブートするし、インストールイメージには、余分なものは一切含まれていない。デフォルトのインストール状態では、必要最低限の機能と、ネットワークをサポートしているコマンドラインインターフェース(CLI)が立ち上がる、最小限の環境が用意されているだけだ。このアプローチのいいところは、クリーンで高速な構成から始めて、自分の用途に必要なものだけを追加していけるということだ。欠点は、このユニークかつエレガントなLinuxへのアプローチのプロセスを、苦労して習得する気がなければならないということだろう」

 もちろん、このRPiClusterは理想的なものではない。Kiepert氏は、「このコンピュータの費用対効果は大きく、特にクラスタプログラム開発が並列処理ではなく分散コンピューティングに重点を置くプロジェクトに向いている。これは、開発中のクラスタ用プログラムが、本質的に分散したものであり、あまりCPUを必要とするものでなければ、という意味だ。クラスタコンピューティングにRPiを採用した場合、あまり大きな「馬力」は得られないため、計算力が必要な目的に使うのであれば、別の手段を考える必要がある」と認めている。

 Kiepert氏との電子メールのやりとりの中で、同氏は次のように付け加えた。「私が(クラスタを設定する上で)ぶつかった一番厄介な問題は、SDカードの破損の問題かもしれない。初めの頃は、クラスタの電源を落として(きちんとshutdown -hを使って)、再起動しようとすると、ファイルシステムが破損することが多かった。これは、RPiをオーバークロックした場合に発生することが多い問題のようだ。不思議だったのは、これはマスターノードではなくスレーブノードでだけ起こることだ(マスターノードは、1.7GHzのデュアルコアARM Cortex-A15プロセッサを搭載したサムスンの「Chromebook Series 3」だった)。

 そのうち私は、電源を落とす前に共有しているNFSを手動でアンマウントすると、問題が軽減されるように見えることに気づいた。開発の一部として、イメージの再作成が必要な場合に、SDカードにイメージを書き込むスクリプトを作った。これは、ホスト名とIPアドレスさえ指定してやれば、スクリプトが残りの作業をやってくれるというものだ。これによって、イメージの再作成作業が非常に簡単になった。特に、最初に32あるすべてのノードのカードに初期イメージを書き込む必要があった時には役に立った」

 こうして、Kiepert氏は、まだ「ファンをケースに固定するのに絶縁テープを使っている」ものの、安くてきちんと動くスーパーコンピュータを手に入れた。では、ここで最後の質問だ。いったいどの程度の性能を持っているのだろうか?

  Keipert氏は、標準的なスーパーコンピュータベンチマークソフトであるHight Performance Linpack(HPL)をこのお手製のコンピュータで実行した。その結果、1GHzで動作する32個のBroadcom BCM2708 ARM11プロセッサと、14.6Gバイトの使用可能メモリを持つこのRPiクラスタが、HPLによるピーク時の性能で10.13GFLOPSという結果を出した。これは、スーパーコンピュータのTOP500リストに載るほどではないが、Kepert氏はこう考えている。「1985年の最初のCray-2スーパーコンピュータは1.9GFLOPSだった。時代は変わった!」

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]