編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

日立グループ、IaaS/PaaS「Amazon Web Services」と連携--認定技術者も育成

田中好伸 (編集部)

2013-06-04 15:05

 日立製作所はIaaS/PaaS「Amazon Web Services(AWS)」との連携を本格的に開始する。グループの日立ソリューションズや日立システムズもAWSと連携する。6月3日に発表した。

 日立グループの製品やサービスとAWSを組み合わせたクラウドサービスを順次提供する。日立が提供するサービス「Harmonious Cloud」にAWSを追加する。2013年度中にAWSへの専用線接続サービス「AWS Direct Connect」への対応を計画しており、Harmonious CloudとAWSを高速で安定的に連携できるハイブリッドクラウドサービスを提供する。

 AWS上でのSAP製アプリケーションの構築と運用のサービス、AWS上で提供する日立グループ製品のラインアップ拡充も進める。AWSを活用して開発した製品やサービスは、グループ内に展開して、30万人以上の従業員の利用実績やノウハウをもとに改良し、社外にも提供する。AWSを活用したサービスを強化するために、AWS認定技術者を育成、2013年度中に日立グループ全体で200人を育成することも明らかにしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]