編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:「ジョブ型」へのシフト
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

AWS、東京リージョンでAmazon RedshiftとHigh Storage Instancesを提供開始

ZDNet Japan Staff

2013-06-05 14:52

 Amazon Web Servicesは6月5日、データウェアハウス(DWH)サービス「Amazon Redshift」と、Amazon Redshift向けAmazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)のインスタンスタイプ「High Storage Instances」の提供を東京リージョンでも開始したと発表した。

 Amazon Redshiftは、ペタバイト規模の処理をクラウド上で実施できるデータウェアハウス(DWH)サービス。一方、ハイストレージインスタンスは、DWHなどの大型データセットや高いシーケンシャル性能が必要なアプリケーションなど、1つのインスタンスで高密度なストレージを必要とする用途向けに設計されている。

 Amazon Redshiftは、数百ギガバイトからペタバイト以上まで拡張できるのが特徴で、ウェブから数分で起動でき、テラバイトあたり年間1000ドル以下で利用できるという。

 2012年11月の発表後、テラバイトからペタバイトのデータセットを扱うゲーム、モバイル、広告、製造、ヘルスケア、eコマース、金融サービスなど幅広い業界において、スタートアップ企業からグローバル企業まで、さまざまな企業による利用実績があるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]