編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

クラウド基盤の中心に「OpenStack」などのオープンソース--市場は拡大

田中好伸 (編集部)

2013-06-06 15:23

 IDC Japanは6月6日、オープンソースソフトウェア(OSS)エコシステム市場の2012年の実績と2017年までの予測を発表した。2012年の同市場規模は6751億6200万円。2012~2017年の年平均成長率(CAGR)は10.2%で、2017年には1兆962億円に達すると予測している。

 OSSエコシステム市場は、企業や団体などのユーザーがOSSを使用したシステムに対する支出額をもとに算出。OSSが中心的な役割を持つシステムだけを対象にしている。一般消費者は対象とせず、PCとモバイルに関連するOSSは含んでいない。

 同市場は、OSSに対するサポートサービス、システムで使用されるハードウェアと商用ソフトウェア、システムの導入構築サービス、運用保守サービスという5つのセグメントで構成されている。2017年には、導入構築サービスと運用保守サービスで50%以上を構成、ハードウェアが約20%、OSSサポートサービスと商用ソフトウェアがそれぞれ10%強になると予測している。

 今後の同市場の成長をけん引していく大きな要素として、クラウド基盤構築管理ソフトウェアの「OpenStack」、標準化が進みつつある技術「OpenFlow」のような仮想化やクラウドでのシステム基盤での使用が期待されているOSSが中心となって形成されるエコシステムが挙げられるとしている。

 国内のクラウド基盤構築管理ソフトウェアのエコシステム市場は2017年に551億円になると予測している。OSSのクラウド基盤構築管理ソフトウェアにはOpenStackのほかに「CloudStack」「Eucalyptus」「OpenNebula」などが含まれる。国内のOpenFlowのエコシステム市場規模は、2017年に329億円になると予測している。


2012~2017年の国内OSSエコシステム市場の支出額予測(出典:IDC Japan)

 これらのOSSを活用したパブリッククラウドとプライベートクラウドの構築が、2015年から本格化していくとみている。IDC Japanの入谷光浩氏が以下のようにコメントしている。

 「これからのOSSは、より先進的な技術を実装し、新たな市場を創り出す役割を担っていく。ベンダーやシステムインテグレーターなどのプロバイダーは、さまざまななOSSを介して多くのパートナーと連携してエコシステムを形成し、新たなビジネス機会を作っていくことが、ビジネスを成長させるために重要となっていく」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]