編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」
PTC Live Global 2013

PTCのヘプルマンCEOが語る--製造業が直面する7つの外的要因と変革の方向性 - (page 2)

鈴木恭子

2013-06-12 21:45

 Heppelmann氏は「こうしたソフトウェアを搭載し、常時ネットワークに接続されているスマートプロダクトの台頭は、製造業としても新ビジネスを生み出す力になる」と語る。

 「今やソフトウェアは、製品に付加価値を提供するための重要なファクターとなっている。さらにネットワークを通じて収集された情報は、次の製品/サービスに活用していくことが可能。収集された膨大なビッグデータをいかに活用できるかが重要なポイントだ」(Heppelmann氏)

「パーソナライゼーション」では義足の設計/開発を紹介。個人のニーズに合わせたカスタマイズの必要性を説いた
「パーソナライゼーション」では義足の設計、開発を紹介。個人のニーズに合わせたカスタマイズの必要性を説いた

Product as a Serviceが提供する+αの付加価値

 製品のサービス化は、顧客に「製品を提供する」から、「製品が生み出す付加価値をサービスとして提供する」といったビジネスモデルの変化を指す。

 例えば、業務用空調システムやエレベーターといった製品は、顧客に「空調の効いた空間」や「昇降する空間」をサービスとして提供し、利用状況に応じて課金するといったビジネスモデルになる。

 その結果、ユーザーは利用コストを削減できるだけでなく、故障修理といったリスクを負う必要もない。一方、サービス提供者側は、製品に組み込まれたソフトウェアから利用データを収集し、次の製品の製造ライフサイクルに組み込めるというわけだ。「製品をサービス化することで、結果的に顧客との長期的な関係が構築でき、次のビジネスに発展させることもできる」と、そのメリットを指摘する。

 最後にHeppelmann氏は、「7つの外的要因は、製造業の変革を促す力にもなり得る。PTCは、製品を定義するCADモデルからビジネスをスタートさせ、製造業のデジタル化を推進してきた。製品を定義する情報やデータがなければ、新たなビジネスを立ち上げることはできない。今後もわれわれは、製造業の変革を強力にサポートしていく」と語り、キーノートスピーチを締めくくった。

Keep up with ZDNet Japan
ZDNet JapanはFacebookページTwitterRSSNewsletter(メールマガジン)でも情報を配信しています。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]