編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

NSAスキャンダルが持つ真の意味とは?--事件報道に見られるジャーナリズムの崩壊 - (page 2)

Ed Bott (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2013-06-21 07:30

 翌朝、奇妙なことが起こった。記事が当初のものとはまったく異なった内容となり、その分量も倍近くに増え、見出しも若干改変されていたのだ。その新たな記事は大幅な追記がなされたというだけではなかった。重要な詳細が削除され、それについての告知もなされていない。変更後の記事はタイムスタンプが6月7日午前8時51分となっており、元の記事にあった衝撃的な内容もトーンダウンされていた。

 極めて重大なのは、「承知のうえで参加していた」という表現とともに、同プログラムが「機密」であるとされていた部分も削除されていたという点だ。さらに最初の段落にあった、NSAは「ある人物の行動や連絡先情報の長期的な追跡」が可能であるという下りも、単なる「外国人ターゲットの追跡」という表現に置き換えられている。

 以下は、元々の記事における核心となる段落である。

 PRISMプログラムに承知のうえで参加していたIT企業には、シリコンバレーにおける大手企業のほとんどが含まれている。これらの企業は「Microsoftと米Yahoo、Google、Facebook、Paltalk、AOL、Skype、YouTube、Apple」であり、同プログラムへの参加順に、その社名がロゴとともに挙げられている。Paltalkは大手企業ではないものの、アラブ世界で起きた民主化運動「アラブの春」の最中や、今なお続いているシリア内戦における大量のトラフィックを取り扱ってきている。

 次に、翌日に大きく編集された記事の同じ段落を見てみることにしよう。The Washington Postの編集者が大量の原稿を追加したため、この段落はオンライン版で4ページからなる記事の2ページ目に繰り下げられている。

 この文書においてPRISMプログラムの実行に不可欠とされたIT企業には、シリコンバレーにおける大手企業のほとんどが含まれている。これらの企業は「Microsoftと米Yahoo、Google、Facebook、Paltalk、AOL、Skype、YouTube、Apple」であり、同プログラムへの参加順に、その社名がロゴとともに挙げられている。Paltalkは大手企業ではないものの、アラブ世界で起きた民主化運動「アラブの春」の最中や、今なお続いているシリア内戦において、諜報上の価値が高いトラフィックを取り扱ってきている。

 筆者は元の記事のコピーを保存していたため、「Microsoft Word」の「文書の比較」機能を用いて編集前後の記事を比較してみた。自分の目で確かめてみたい方は、ここに保存されている文書内で赤色の下線や取消線が引かれた部分に目を通してほしい。

 筆者とは別に、米CNETのDeclan McCullagh記者もThe Washington Postの記事を検証している。その結果、彼はこの報道が誤っているとの結論に達している。

 7日、このデータ収集手続きに関して詳しい元政府関係者から匿名を条件に話を聞いたところ、今回の報道は不正確なものであり、リークされたPowerPointドキュメントの読み違えに基づいて執筆されているようだという。

 この元政府関係者は「これはThe Washington PostやThe Guardianの大スクープとして語られるものではない」と述べるとともに「どれも本当のことではない。これは企業に対して求められている、厳格に策定された法的プロセスでしかない」と述べている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]