編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」
アナリストの視点

変化する通信手段--フリーミアムモデルの崩壊も - (page 2)

土佐恒広(矢野経済研究所 主任研究員)

2013-06-25 18:03

 特に、SNSなどによる「見ず知らずの人」との接点の増加は著しく、特定の知り合いとコミュニケーションすることより、趣味、仕事、友達の友達などの不特定の人とコミュニケーションするケースが増加してきた。


前提条件が崩れるとフリーミアムモデルは崩壊する可能性も

 では、今後の一般消費者のコミュニケーションはどのように変化していくのか。その前に、現在のコミュニケーション市場における課題を挙げたい。

  1. データ通信料金は月額定額料金となっているが、これを前提としたサービス、アプリケーションとなっていること
  2. 「フリーミアム」モデルにおける個人情報(アドレス、検索、閲覧、コミュニケーション、場所の履歴など)の収集とパーミッション(許可)
  3. コミュニケーションツール・サービス依存による疲れ、ブラックボックス化

 1.に関しては、FTTHや3Gなどのアクセスサービスは月額定額料金が主流となっているが、LTE導入をきっかけに、段階的な月額定額料金制にシフトする流れとなっている。特に、移動体サービスにおいては、動画コンテンツなど大量のトラフィックが発生するアプリケーション利用が増えたことで、通信事業者の設備負担はかなり大きくなっている。

 現在は、「利用公平性」の観点から、事業者は大量のトラフィックを利用するユーザーへの課金強化を実施するとともに、国レベルでは、コンテンツプロバイダー(特にフリーミアムモデルのプロバイダー)に対する「接続トラフィック」への課金が検討され始めている。これら「フリーライダー」(編注:実質的に自らのビジネスに利用している通信基盤に対価を支払っていないプレーヤー)については、以前からも問題として指摘されているが、市場全体の収益配分や費用負担の公平性の観点から、接続料金の精算との事態となれば、フリーミアムモデルの崩壊を招きかねない事態となる。

 2.については、現在、スマートフォンやタブレットを中心として、Google PlayやApp Storeなどからダウンロードして(コミュニケーション)アプリを利用するケースが増えている。こうしたアプリにおいては、サービスの無料利用を前提に、広告の掲示、端末内の(個人)情報の利用に対する利用許諾(パーミッション)が求められることが多い。

 しかし、一般ユーザーにとって、数ページにもわたる利用規約を読ませたり、内容についてのリスクを判断させたりすることは、現実的ではないケースが多い。また、多くの場合、ユーザー側に不利な内容に関するパーミッションを要求するケースが多くなっている。事業者側はこうしたパーミッションを盾にリスクを回避しつつ、悪意のある事業者は個人情報を悪用することとなる。

 PCと比較してスマートフォンは個人情報の塊であり、何かあった場合の被害は甚大である。その意味では、ユーザー自身のセキュリティに対する高い意識と、国家レベルでの明確な指針が求められるところである。

 3.に関しては、コミュニケーションツールが個人化することにより、いつでも、どこでも、だれとでも連絡が取れる状況になった。しかし、図にもあるように、コミュニケーションツールやサービスに費やす時間が大幅に増加することとなり、さまざまな問題を引き起こしているのも事実である。

 スマホ依存、即レスへの切迫感、端末を持たない、サービスが使えないことによる差別、コミュニケーションのブラックボックス化など、さまざまな疲弊感が生じているのではなかろうか。


ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]