編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

富士通、社内のオラクル製データベースを「Oracle DB 11g」に統一

田中好伸 (編集部)

2013-07-11 17:21

 富士通は社内のOracle製データベースを「Oracle Database 11g」に統一する。UNIXサーバ「SPARC M10」とデータベース専用機「Oracle Exadata X3-2」を活用する。富士通が7月11日に発表した。

 富士通はこれまで生産管理や購買、物流、総務などさまざまな部門ごとにDBサーバを導入してきた。そのため複数のバージョンのDBが存在し、サーバが乱立する状況となっている。具体的には、Oracle DBのバージョンはSPARCサーバでは8iや9i、PCサーバでは10gや11gとなっていた。バックアップや災害対策にかかるコストが高額になるほか、運用管理でのサービスレベルがまちまちになるという課題も抱えることになる。

 PCサーバの部分をExadata x3-2に、SPARCサーバをSPARC M10を基盤とする。新基盤では、本番環境と、災害復旧(DR)対策兼開発環境を遠隔地に別々に設置する。

 データの同期は「Oracle Data Guard」で展開。いざという時の備えを実現するとともに、運用レベルの統一と向上も図る。これらの対策から、システム全体の可用性向上、運用管理をはじめとする総所有コスト(TCO)の削減を図ると説明する。9月下旬から順次、稼働開始予定となっている。


統合イメージ(提供:富士通)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]