編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

マイクロソフトのパートナー企業向けイベント「WPC 2013」を振り返る - (page 3)

大河原克行

2013-07-12 20:56

 だが「残る63万社のパートナーはどうなっているのか。なぜ、クラウドに乗り遅れているのか」と語り、「ぜひクラウドの船に乗ってもらいたい。一緒にクラウドに行こう。今こそがチャンスである」と、強い口調で訴えた。

 パートナーがクラウドに移行するには、2013年が最後のチャンスと言わんばかりの強い調子だった。

 Turner氏は、SaaS「Office 365」は10億ドルの売上高となり、IaaS/PaaS「Windows Azure」も10億ドルの売上高となったこと、SharePointとYammerが、Fortune 500のうち85%の企業で使用されていること、Yammerは年間200%で成長し、業界を代表する多くの企業に採用されてること、中でもOffice 365が前年比500%の成長率を達成していることを示した。

 一方、クラウドにいち早く取り組んだパートナーが高い成長率を達成していること、Microsoftのクラウドビジネスを推進するための製品やサービス、パートナープログラムを用意していることを説明しながら、「Microsoftは競合に対して恐れることなく戦える自信がある」「今、この産業は大きな転換期を迎えており、ビジネスチャンスが生まれている」などとパートナーに呼びかけた。

 講演の最後にTurner氏は「このチャンスを生かしたい。そのためにMicrosoftは、パートナーにできる限りのことをする。自らの成長のために、私をリソースとして使ってもらいたい」と語り、最後までクラウドへの移行を示した。

 2012年のWPCが大型新製品による変化を示したとすれば、2013年は実行フェーズでの進化を示す内容になったと言える。発表されたものは地味ではあったが、パートナーにとっては有益なイベントになったのではないだろうか。


MicrosoftのSaaS「Office 365」とIaaS/PaaS「Windows Azure」などのクラウドは好調という

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]