編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

マイクロソフト、「Windows 8」端末の新たな認定要件を明らかに--BluetoothやTPMなど

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2013-07-13 10:43

 MicrosoftおよびIntelの複数の幹部は、今週開催したMicrosoft Worldwide Partner Conference(WPC)のセッションで、2014年から2015年に発売される予定の「Windows 8」クライアントに対する新たなハードウェア要件の詳細を発表した。

 Microsoftの再販業者向けに行われた「How to talk to customers about Windows devices(Windows端末について顧客に説明する方法)」と題するセッションの中で、Microsoft関係者らは、Windows 8.1とそれ以降のリリースでサポートが予定されている新たなハードウェア機能の一部を紹介した。

 この数か月間、われわれがいろいろなMicrosoftのカンファレンスで耳にしてきたとおり、同社は、タッチ対応化、軽量化、薄型化、高速化され新しい端末がバッテリ持続時間の改善に加えて「最新の」セキュリティ、接続性、新しいセンサのサポートを実現して市場に投入されることを確実にするため、OEM各社と緊密に協力している。こうしたマシンは2013年の後半から、MicrosoftがWindows 8.1に組み込み中の新機能を利用する予定だ。その中には、NFCと生体認証のサポート、新たなポートレイトモードの改良、デバイスを即時に起動し、アプリを最新の状態に保つことを可能にする「InstantGo」(『Connected Standby』の名称が変更され、機能が刷新されたもの)などがある。

 (ちなみに、「Precision Touchpads」も「Windows 8.1 Certification」で利用可能になった。Microsoftのドキュメントによると、Precision TouchpadsはARMベースの全システムに必須で、x86/x64ではオプションだという)

 Group Managerを務めるLee Sabow氏はセッションの参加者に向けて、今後2〜3年以内にMicrosoft認定を目指すWindows端末を対象として、新たな要件が追加される予定だと述べた。

 2014年1月には、認定されたWindowsシステムについて、Wi-Fi機能を搭載するすべての端末でBluetoothのサポートが必須となる予定。また、統合型ディスプレイ(タブレット、ノートPC、オールインワン)搭載のシステムには、720pの前面ウェブカムが必須となる。Sabow氏は、Microsoftのユニファイドコミュニケーション技術「Lync」を「アップセル」したいと考えているパートナー企業を支援するため、スピーカーとマイクロフォン向けの高忠実性オーディオ要件もリストに加えられると述べた。

 Sabow氏によると、2015年1月にすべての認定Windows端末について「TPM 2.0」が必須になるという。TPM、すなわち「Trusted Platform Module」は暗号プロセッサの仕様であり、それを実装した製品を指す。TPM 2.0に関する詳細は、こちらで参照できる

 Microsoftは、これら追加のWindows 8.1、2014年、2015年における要件を反映するため、6月にWindows 8認定に関するドキュメントをアップデートしている


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]