編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

ポストPCの世界にLinuxの居場所はあるのか? - (page 2)

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2013-07-19 07:30

 MicrosoftはWindows 8でタッチ中心のコンピューティングという方向性を打ち出しているものの、多くの(しかも不満を抱えた)ユーザーたちがこの方向性に賛同せず、旧バージョンのWindowsを使い続けようとしたり、代替OSを検討しようとしている。代替OSとしてはAppleの「OS X」もあるが、これは高価な選択肢であり、万人向けのものとは言い難い。

 そこでLinuxの出番がやってくる。昔であればアプリケーションの互換性が大きな問題となり、Linuxに切り替えるのは無理だというケースもあったが、今や主なプラットフォームとしてブラウザがOSを置き換えるようになり、アプリケーション自体はハードディスクからウェブへと移行しつつあるため、Linuxが選択肢に挙がる可能性は十分にある。

 さらにPCメーカーがPC上のLinuxを支援するだけの十分な理由もある。それは価格だ。PCの価格はどんどん低下し、PC製造コストに占めるWindowsのコストが高まってきているため、メーカーはこのコストを削れるのであれば、販売価格を少し引き下げられると同時に、PC1台あたりの利益を少し上積みできるだろうと考えている。筆者がOEMメーカー数社の関係者からオフレコという条件で話を聞いたところ、彼らは大衆市場向けLinux搭載ハードウェアの可能性を積極的に探っているとのことであった。そこで告げられた問題とは、マーケティングと、Linux上ではWindowsアプリケーションが実行できないという事実を明確に伝える方法であった。

 今までLinuxがPCに搭載されてこなかったからといって、今後もその状態が続くとは限らない。実際のところ、今まで以上に星の巡りが良くなっているのである。筆者はLinuxがWindowsを駆逐し、PCの主流OSとなるチャンスを手にしているとまでは考えていないものの、コンシューマーやメーカーに対してタッチインターフェースに依存しないOSを提供することはできるだろうと考えている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]