編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら
松岡功の「今週の明言」

気になるオラクルと富士通の関係 - (page 2)

松岡功

2013-07-19 13:02

 両社の関係はサーバ分野だけに限らず、クラウドをはじめとしてさまざまな分野に大きな影響を及ぼすとみられるだけに、大いに注目される。

「HPが最も得意とする運用自動化ソリューションをさらに強化し、顧客のビジネスに貢献していきたい」 (日本HP 中川いち朗 常務執行役員)

日本HPの中川いち朗 常務執行役員
日本HPの中川いち朗 常務執行役員

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)が7月9日、クラウド環境への対応を強化した運用自動化ソリューションの新製品群を発表した。同社でソフトウェア事業を統括する中川氏の冒頭の発言は、その発表会見で、新製品群の提案活動に向けた意気込みを語ったものである。

 同社がこの日発表したのは、サーバ導入から廃棄までのライフサイクル管理を自動化するサーバ管理自動化ツール「HP Server Automation 10」、ITプロセスをシンプルかつ効率的に運用するためのワークフロー自動化ツール「HP Operations Orchestration 10」、ハイブリッドクラウド環境の運用管理を効率化するツール「HP Cloud Service Automation 3.2」の3製品。

 これら製品のさらに詳しい内容については、すでに報道されているので関連記事をご覧いただくとして、ここでは中川氏の発言に注目したい。

 同氏によると、運用をはじめとしたIT管理の自動化は、「HPがOpenViewの時代から20年以上にわたって培ってきた最も得意とする分野」で、すでに国内外で数多くの導入実績があるという。

 さらに、ここ2年ほどは国内において、「東日本大震災の影響もあってクラウド環境への移行が進み、データセンターの利用形態の見直しにも拍車がかかっていることから、運用自動化ソリューションへのニーズが非常に高まっている」と強い手応えを感じているようだ。

 導入事例として、CTCテクノロジーや鉄道情報システム(JRシステム)、ソネット、NTTネオメイトといった企業の名を挙げた中川氏は、「まだまだ公表できない事例がいっぱいある」として、次のような苦肉の説明を行った。

 提示してみせたのは、『日経コンピュータ』2013年3月7号に掲載されたクラウドランキング特集。クラウドベンダー大手が名を連ねるランキングの上位10社のうち、「8社のデータセンターにおいてHPの運用自動化ソリューションが導入されている」とか。

 なるほど、こういう説明の仕方もあるのかと感心したが、導入されている事実があってこその話。それぞれの具体的な事例が明らかになることを期待したい。

Keep up with ZDNet Japan
ZDNet JapanはFacebookTwitterRSSメールマガジンでも情報を配信しています。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]